西島大介、クローネンバーグ映画にイラスト&コメント

 

西島大介が映画「アンチヴァイラル」に寄せたイラスト。

西島大介が、映画「アンチヴァイラル」が5月25日より公開されることを記念してイラストとコメントを寄せた。

「アンチヴァイラル」は、デイヴィッド・クローネンバーグの息子ブランドン・クローネンバーグが監督した映画。西島は「クローネンバーグの息子、まじクローネンバーグ」「20世紀に置き忘れてきたグチョグチョドロドロこそが、クローネンバーグ的なデザイン」と、親子の通貫する作風について語っている。

また5月2日より全国の公開劇場および関連劇場では、クローネンバーグ作品をナビゲートしたフライヤーを配布。西島はフライヤーにも「ビデオドローム」「ザ・フライ」「裸のランチ」「イグジステンズ」を紹介するコメント・イラストを執筆しているので要チェックだ。

西島大介コメント

クローネンバーグの息子、まじクローネンバーグ。そんな印象の作品でした。ほとんどCG使ってなさそうなところも好印象。irohaやTENGAが20世紀に置き忘れてきたグチョグチョドロドロこそが、クローネンバーグ的なデザインだと思います。一見清潔な印象もある「アンチヴァイラル」は、しかしそのままでは終わらない作品。主人公がどんどん具合悪くなっていく流れ、クローネンバーグ王道で最高です。ゴホゴホッ。ゴホッ…。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[欅坂46平手友梨奈]「ポカリ」美少女と制服姿で“中3共演” いじめを受け…
[18:05 7/2] エンタメ
双子タレントの「言動が揃う」は練習の賜物!? 衝撃の“あるある”にスタジオ激震
[18:00 7/2] エンタメ
[真田丸]“聖地”上田で特別展が開幕 三十郎ら家臣も駆けつける
[17:53 7/2] エンタメ
[知英]初の浴衣姿は男性用 “大股開き”「恥ずかしい」
[17:46 7/2] エンタメ
[注目アニメ紹介]「不機嫌なモノノケ庵」 妖怪の悩みを解決 「ガンガンONLINE」の人気マンガ
[17:30 7/2] ホビー

本音ランキング