女性の恋愛相談トラブル -「異動させられた」「相手の恋愛歴を聞かされた」

Q.人に恋愛相談して失敗したことはありますか?

私も好きな人ができて浮かれていたかもしれない。あまり仲良くない会社の同僚に、つい恋愛の相談をしてしまったら……何を話しても自分の恋愛話にもってかれるー!! 今回は、マイナビニュース会員のうち独身女性300名に、人に恋愛相談をして失敗した経験はないか、教えてもらった。

Q.人に恋愛相談して失敗したことはありますか?

はい 18.3%
いいえ 81.7%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)誰に相談しましたか? どうして失敗したと思いましたか?

■みんなにバラされた
・「小学校の頃の友達、次の日クラス全員に知れ渡っていたから」(27歳女性/食品・飲料/営業職)
・「友人に相談したら、しばらくたって噂になっていた」(24歳女性/農林・水産/事務系専門職)
・「中学の時、同じ部活の子に好きな人が誰か言ったら、言いふらされた……自分とは正反対の派手な雰囲気の子で、恋愛話が大好きでじっとしていられないタイプの子で、ホント言うんじゃなかったと思っています」(26歳女性/生保・損保/専門職)
・「高校時代のクラスメイトに相談したら好きな相手に自分の気持ちがバレてしまった」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・「女友達に相談したら相手に知られ、なおかつ誤解されて和解するまで大変でした」(29歳女性/食品・飲料/技術職)

■とんびに油揚げ
・「相談した人もその人を好きになった」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「友人に彼氏の人柄を話していたら、その友人が彼氏を好きになってしまった」(32歳女性/商社・卸/事務系専門職)
・「気になる人をつたえたら、なぜか相談した人と好きな人がつきあってしまい、後悔した」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

■事態は最悪の方向に
・「相談した友達が余計な気をきかせて、二人っきりになれるようにとか仕組んでくれたりしたけど、そのやり方が下手というか不自然で周りの人にも知られちゃったり、気まずくなったりであまりよくなかったです」(23歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「職場の同期……現在進行形の職場上司とのことを話したら、同期からお偉い方々にバレて彼氏が異動するハメになりました」(25歳女性/建設・土木/事務系専門職)

■アドバイスどおりにしたら
・「気になる人のことを相談し『その人もきっと○○(私)のこと好きだよ』という言葉を鵜呑みにしてアタックしたら撃沈した……きちんと自分で考えないといけないと思った」(23歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「友人に……飽きっぽい友人だったので、『彼のここが嫌で……』と相談するたびに、いつも『別れたら?』の言葉をもらい続け、自分も『その方が良いのかな……』と思い、別れました……しかし、結局思い直してよりを戻しました! 嫌な所はあっても、彼のことが大好きだという気持ちは本当だったから、別れたことをすごく後悔しました」(25歳女性/金融・証券/専門職)

■猛烈に否定された
・「あまり仲良くない女友達に相談したら、一緒に考えてくれるどころか、すぐ別れろ別れろと散々言ったあげく、他の人に内容を言い触らしていました」(27歳女性/商社・卸/事務系専門職)
・「全否定されてへこんだ」(25歳女性/警備・メンテナンス/事務系専門職)
・「友達だけど、自分の彼との関係がうまくいってないとぼろくそ言われた」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

■意味不明なアドバイス
・「男の子に相談したり愚痴を言ったりするとあまりわかってもらえなくて、自分が余計に消耗してしまうことが多いと思う……近所の兄さんに彼のことで愚痴ったら、なだめてくれたけどなんか伝わってない気がしてなんか疲れてしまった」(25歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「大学時代の友人(男性)……失恋してその相談(愚痴?)をしたら、『女性は、16歳、25歳、35歳が魅力的、だから、35歳になればいい人が現れるから、そのままでいい』といった感じで励まされた……当時25歳を過ぎていたので、私は35歳まで焦るなと?逆に凹んでしまった」(28歳女性/医薬品・化粧品/技術職)
・「母親に相談しましたが、あまり回答になっていなかったので失敗したと思いました」(26歳女性/食品・飲料/その他)

■相談したらなぜか聞き役に
・「女性の友人に話したが、結局結果は得られず、友人の恋愛歴を延々と聞くことになった」(32歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■総評
最も多かった失敗例は、友人に恋愛相談したら、周囲に気持ちをバラされてしまったというもの。中高生の頃の話題が多かった。噂だけならまだしも、陰口を叩かれたり、結局本人に伝わってしまったりという不幸な人もいた。こうなると、相手に迷惑がかかり、恋愛がうまくいく可能性もどんどん低くなってくる。また、相談した相手に好きな人をとられてしまったというパターンも意外なほど多かった。良く聞く話だが、"人のモノ"と思うと欲しくなる盗癖のある人もいるようなので、ご注意を。

職場の同僚に相談したのがきっかけで、彼氏が異動になってしまった、デートのセッティングをしてもらったけど、なんだか相手と気まずくなってしまった、など、とんでもない事態に陥ってしまったという回答もあった。また、アドバイスを真に受けて「彼氏と別れてしまった」「アタックしたら撃沈した」という人も。どこまで親身になってアドバイスをくれているのか、しっかり見極めたいところだ。

相談する相手としては、友人、という回答が最も多かったが、必ずしも良きアドバイスをくれる人ばかりではない。「のろけと笑われた」「本気で取り合ってもらえなかった」「とんちんかんな回答をされた」「別れろとばかり言われた」など、望むような言葉をもらえずに後悔したという女性も多数いた。男友達に相談したら、まるで気持ちがわかってもらえなかった、という声も見られた。やっぱり恋バナは信頼できる同性の友人に話すのがイチバンかも。

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2013年4月9日~2013年4月11日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性300名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

人気記事

一覧

2017年3月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事