日立ソリューションズ、Saas型のスマートフォン対応GISサービス提供開始

 

日立ソリューションズは19日、SaaS型GIS(Geographic Information System:地理情報システム)サービス「GeoMation Netservice」の最新版を、4月22日から提供開始すると発表した。

「GeoMation Netservice」は、インターネットを通じて提供する地図や航空写真上に、利用者が保有する設備や顧客情報などの業務情報(ユーザーデータ)を表示するSaaS型のGISサービス。

ユーザーデータの属性に応じた表示をする可変レンダリング機能や任意領域のユーザーデータを抽出するトポロジ条件抽出機能、ユーザーデータを集計値に応じて色分け表示するカバレジオーバレイ機能など、データの統合・分析・表示機能を備えている。

最新版では、機能強化として、iOS5とAndroid4.0を搭載したスマートフォンやタブレット端末に対応した。

また、AR技術を活用し、Android端末のカメラにより表示した映像上に、登録されたユーザーデータを表示するビデオスルー検索機能がを追加され、カメラを向けるだけで、その場所に登録されたユーザーデータを表示することができるようになった。

ビデオスルー検索機能の画面とGoogle Mapsの利用画面

地図に関しては、これまで提供していたゼンリン住宅地図、ゼンリンデータコムいつもNAVIに加え、Google Mapsの地図データの提供を開始する。

価格は個別見積りだが、参考価格として月額従量制12万6,000円から(1万アクセスから)となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事