So-net、2枚のSIMでドコモ「Xi」が利用できるMVNO新サービスを提供開始

 

ソネットエンタテインメント(So-net)は4月15日、MVNO事業者にネットワーク接続、課金などの機能を提供しビジネスを支援する「MVNE事業」を開始すると発表。同時にMVNO事業者として個人・法人向けの新サービスも提供する。

So-netでは、同事業において、NTTドコモのLTE/3Gネットワークを利用したデータ通信サービスを提供。今後は、MVNOへの音声サービスの提供も予定しているという。

同社がMVNO事業者として提供する個人向けの新サービスとしては、ドコモのLTEサービス「Xi」が利用できる通信サービス「NURO LTE」を4月15日より提供する。

同サービスでは、ユーザーの利用スタイルに合わせて、通信速度や利用料、音声通話などを選択できる。加えて、ニーズにあわせて、通常SIM、micro SIM、nano SIMから最大2枚を選択して利用することができる。対応端末は同社Webサイトで確認可能

下り最大100Mbpsの高速通信が利用できる「超高速プラン」、下り最大150Kbpsの通信に対応する「低額プラン」という2つのプランが用意されており、こちらをベースに自身な料金コースを選択するかたちとなる。

超高速プラン

超高速プランは、2年間の継続利用を条件に月額3,800円で利用できる「NURO LTE ハイスピードV」、月額4,980円で契約期間が設けられていない「NURO LTE ハイスピード」という2つのコースを用意。

いずれかのコースを選択し、LTE対応 モバイルWi-Fiルーター「FS010W」をセットで購入することでサービスが利用できる。FS010Wの価格は32,550円で、計30回の割賦販売となる。ただし、5月末までに申し込んだユーザーは、特典として、月額料金から機器料金相当額が割り引かれる。

両コースともに下り最大100Mbps/上り最大37.5Mbpsの通信が利用できる。なお、両コースともに当日を含む3日間の通信量が500MBに達した場合、通信速度が制限される。また、2013年10月以降、当月利用のデータ通信量が5GBに達した場合、当月末までの通信速度が制限される。

付属するモバイルWi-Fiルーター「FS010W」は、約70×70×16.6mm・約108gのコンパクトなボディが特徴。連続駆動時間は、約8時間(LTE)/約10時間(3G)。最大10台のWi-Fi対応危機を同時に接続できる。

低額プラン

低額プランは、月額980円で利用できる「NURO LTE ライト」、月額2,310円で音声通話も利用できる(500円分の無料通話が可能)「NURO LTE + Talk」の2つのコースを選択可能。

両コースともに通信速度は下り最大150Kbps/上り最大150Kbpsで、ユーザーが必要な通信容量を「チャージ」することで、高速通信も利用できる。100MBは525円、500MBは2,205円、1GBは3,990円でチャージ可能。最大3GBまでチャージでき、有効期限は購入月を除く3カ月後の月末となる。なお両コースともに、超高速プランの2コースと同様の通信制限がある。このほか、両コースともに1年間の継続利用が加入の条件となる。無料の総合セキュリティサービスも利用可能。

なお、法人向けには、同社の子会社であるソネットビジネスアソシエイツが「NURO モバイル LTE/3G」サービス提供。同日よりサービスを開始する。

人気記事

一覧

新着記事

さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア
ANA、羽田=米国路線のダイヤ確定--新ニューヨーク/シカゴ線は利便性に配慮
[16:07 6/29] 趣味
KDDI、60Tbps伝送を実現する光海底ケーブル「FASTER」を運用開始
[16:05 6/29] 家電
斉藤由貴、川栄李奈にアドバイス「女優は欠落していた方が面白い!」
[16:00 6/29] エンタメ