ももクロ、広瀬香美に楽曲オファー! 坂本冬美、松崎しげるもサプライズ登場

アイドルユニットのももいろクローバーZが14日、埼玉県所沢市・西武ドームにて、2日目の公演となるライブ「ももいろクローバーZ 春の一大事 2013 西武ドーム大会~星を継ぐもも vol.2 Peach for the Stars~」を開催した。

「ももいろクローバーZ 春の一大事 2013 西武ドーム大会~星を継ぐもも vol.2 Peach for the Stars~」を開催したももいろクローバーZ(前列左から百田夏菜子、玉井詩織、後列左から有安杏果、高城れに、佐々木彩夏) photo by Hajime Kamiiisaka

毎年4月の恒例となっているこのライブ「春の一大事」には、前日同様3万人以上の"モノノフ"(ももクロファンのこと)が集合。開演前からステージ上に向かって熱い声援を飛ばしていた。

熱気と期待感で球場が渦巻く中、1曲目に披露されたのは「黒い週末」。ライブは勢い良くスタートし、ニューアルバム『5TH DIMENSION』の中から「仮想ディストピア」「上球物語-Carpe diem-」と、フレッシュな楽曲が披露されて行く。ももクロらしく序盤からトップスピードで駆け抜ける展開となった。メンバーの玉井詩織が「西武ドーム盛り上がってるかー! 今日は私たちとみんなひとつになって、この西武ドームを星のように、日本で一番輝く場所にしようぜー!」と猛々しく煽った後に披露されたのは「PUSH」。メンバー全員がステージ中央から会場後方まで伸びる長い花道や、複数台のクレーンを使い、遠いスタンド席にまでアピールしていく。「労働讃歌」からは前日と同じく、武部聡志が率いる実力派ミュージシャンが結集した生バンド「ダウンタウンももクロバンド」が登場。以降は打ち込み音源の曲も挟みつつも、生バンドの演奏によって、より臨場感のあるライブを魅せていった。

ライブをさらに盛り上げたサプライズゲスト(左から広瀬香美、松崎しげる、坂本冬美)

さらにももクロのライブゲストとしてはおなじみの松崎しげるも登場し、代表曲「愛のメモリー」を熱唱。メンバーとともにゴンドラに乗り、球場をぐるっと回りながら「愛のボラーレ」を歌い上げた。会場内が高いテンションで保たれる中、昨年末の紅白歌合戦でも披露した代表曲「行くぜっ! 怪盗少女」が生バンド演奏で披露されると、場内のボルテージはさらに急上昇。バイオリニストのAYASAや、元体操選手の池谷直樹らによるアクロバティックなパフォーマンスの後には、本日2人目のゲスト、「ももクロが大好き」と話す広瀬香美が登場。大ヒット曲「promise」「ロマンスの神様」を歌い会場を沸かせる。すると突然、ももクロが広瀬に「今年のももクリ(クリスマスのライブ)に曲を作って下さい!」と、楽曲制作を依頼する展開が発生。広瀬は快諾し、理由を「ももクロちゃんのファンだからです!」と説明すると、メンバーの高城れには「明日地球が終わっても悔いはない」と感激の言葉を口にした。

広瀬が退場した後も、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「5 The POWER」「ワニとシャンプー」と、アグレッシブな曲が続き、会場の興奮状態はなおも続いて行く。そうした中、本日最後のゲストである坂本冬美が登場し、名曲「夜桜お七」を歌唱。ファンは曲に合わせケミカルライトを振り、ドームに響く演歌の歌声に酔いしれていた。さらにその後は「花はただ咲く」と、ももクロの「走れ!」をメンバーとともにコラボレーションにて披露。「走れ!」ではゴンドラで球場を回りつつ、百田夏菜子による「それでも答えはだせないよ…」のサビの部分を坂本が歌うという、スペシャルな試みが行われた。そして、天使の羽根を付けた衣装にチェンジすると、「空のカーテン」「あの空へ向かって」「コノウタ」とラストスパートを畳みかける。アンコールではニューアルバムから「Neo STARGATE」など3曲を披露。最後にはライブでの定番曲「Chai Maxx」がパフォーマンスされ、公演は最高潮の盛り上がりのまま幕を閉じた。

なお、この日はオジー・オズボーンが創設したロックフェス「OZZFEST JAPAN 2013」への出演が急遽決定したことも発表された。他の出演者にはブラック・サバス、スリップノット、マキシマム ザ ホルモンなど、名だたるアーティストが名を連ねている。開催日は5月11日、12日で、場所は千葉・幕張メッセ。ももクロが出演するは11日となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事