マイクロン、20nm MLC NAND採用のSSD「Crucial M500」を国内発売へ

マイクロン ジャパンのコンシューマープロダクツグループは10日、SSDの最新モデル「Crucial M500 SSD」シリーズを発表した。4月中旬より発売し、店頭予想価格は120GBモデルが12,600円前後、240GBモデルが21,000円前後、480GBモデルが38,850円前後、960GBモデルが60,900円前後。

「Crucial M500 SSD」シリーズ(2.5型)

「Crucial M500 SSD」シリーズ(mSATA)

「Crucial M500 SSD」シリーズ(m.2)

2.5型/mSATA/m.2という3種類のフォームファクタそれぞれに、120GB / 240GB / 480GBのモデルをラインナップ(m.2モデルの価格と出荷時期は未定)。2.5型のみ、より大容量の960GBモデルも用意。20nmのMLC NAND フラッシュや、システムレスポンスを維持してバッテリ駆動時間を延ばすデバイススリープ機能などを搭載。スリープモード時の電力消費を5mW以下に抑えている。温度管理機能も向上し、電力消費のダイナミック調整が行えるようになった。

そのほか、ハードウェアベースの暗号化技術「TCG Opal2.0 IEEE1667」、パワーロス防止機能の拡張、高度なエラーリカバリ技術なども搭載する。MTTFは120万時間。

データ転送速度は、リードが全モデル最大500MB/s。ライトが120GBモデルで130MB/s、240GBモデルで250MB/s、480GB/960GBモデルで400MB/s。最大ランダムリード(転送4k)は、120GBモデルで62,000IOPS、240GBモデルで72,000IOPS、480GB/960GBモデルで80,000IOPS。最大ランダムライト(転送4k)は、120GBモデルで35,000IOPS、240GBモデルで60,000IOPS、480GB/960GBモデルで80,000IOPS。

インタフェースはSATA 6Gbps。2.5インチフォームファクタモデルは厚さ7mmで、9.5mmに変換するブラケットが付属する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事