健康管理も万全! Jawboneがウェアラブル機器「Jawbone UP」発表

 

米Jawboneは4月1日、スマートフォンと連携できる新製品「Jawbone UP」についての製品説明会を都内で開催した。同製品は、リストバンド型のウェアラブル機器。消費カロリーの計測や睡眠時間の記録・分析など、多彩な機能を利用できる。日本市場向けには4月20日のリリースを予定。価格はオープンで、実勢価格は13,800円を予定している。

ユーザーの健康管理全般を行える製品、Jawbone UP

説明会では同社の国際パートナー・製品開発部門責任者のヨーゲン・ノルディン氏が登壇し、製品の紹介を行った。UPは3.5mmイヤホンジャックでスマートフォンと接続することで、簡単にデータの同期が行えるのが特長。スマートフォン向けに専用アプリが用意されている。リリース時に対応する機種はiOS端末で、近日中にAndroidにも対応するという。製品には最大で9カ月間のデータを記憶できる。

製品の説明を行ったJawboneのノルディン氏(写真左)。製品には3.5mmイヤホンジャックを備える(写真右)。専用アプリと連携することで、簡単にデータを同期できるのが特長だ

UPとスマートフォンを連携させることで、数多くの機能を利用できる。UPに内蔵されている歩数計やストップウォッチの機能では、歩行や運動などで消費したエネルギーを計算可能。自転車に乗っている時間や、エクササイズなどの特別な運動をしている時間に消費したカロリーも計測できる。食事に際しては、摂取したカロリーをスマートフォンで入力することでログに記録を残すことができる。製品の袋などに記載されているバーコードから、食品の情報を検索することも可能だ。睡眠時には、身体変化の特徴から眠りの深さを測定し、データに残すことができる。これにより眠りに入るまでの時間、浅い眠りと深い眠りの比較、睡眠中に起きた時間、起床時間、横になっていた時間などの詳細なデータを得られる。浅い眠りの際にバイブレーションを作動させることで、心地良い目覚めを得ることも可能だという。

本製品は24時間、常に腕に巻いた状態で利用し続けることを想定している。そのため、約80分の充電で最大10日間の連続使用が可能な長時間バッテリーを搭載する。製品化に際しては、防水や抗衝撃などのテストに300万時間以上を費やしたという。また、通常の製品では6~8週間程度の時間をかけるユーザートライアルに46週間をかけた。新たに取得した特許は100を超えたとのこと。ヨーゲン・ノルディン氏は「我々がいかに新しいことに挑戦しているかが、分かっていただけるのではないか」と話した。

製品の骨格。銀色の円盤はバイブレーションモーターになる。日常生活の中で予想される様々な利用シーンに耐えられるよう、製品化に際しては厳しい基準が課された

スマートフォン向けに提供される専用アプリは、ソーシャル機能も搭載している。Facebookへの投稿なども可能。友人とデータを共有することで、より健康的な生活を心がけることができるようになるという。サイズはS、M、Lの3種類が用意されている。Sは幅52mm×高さ35mm(内側)で、重さは19g。子どもでも利用できる大きさとなっている。Lサイズは幅69mm×高さ43mm(内側)、重さは23g。ちなみに端末が変わっても、個人的なログは継続して記録し続けられるという。マイナビニュースでは後日、製品のレビューも掲載する予定だ。そちらも参考にして欲しい。

日本市場向けにはOnyx、Mint Green、Blue、Light Greyの4色で展開する。カラーバリエーションは追加の予定もあるという

人気記事

一覧

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー