Apple、iPad miniの商標登録が米特許商標局に却下される

 

米Appleが米特許商標局(USPTO)に申請していた「IPAD MINI」の商標が、同局に申請を却下されていたことが判明した。「MINI」の部分が「単なる商品の説明」とのことで、製品個別のユニークな性格を示したものではないことに由来するという。

同件はTechCrunchPatently Appleなどが報じている。

このUSPTOによる申請却下の文面は1月24日に送付されており、つい先日に一般公開された。TechCrunchが保存した文面はこちらのサイトで確認できる。申請却下の理由としては「MERELY DESCRIPTIVE」(単に詳細を説明しているだけ)が文面の中で示されており、汎用的な単語のコンビネーションで製品の説明を行っているに過ぎないとの見解のようだ。具体的には「(インターネットを意味する) iのプリフィクス」+「製品の性格を説明する英単語」の組み合わせで、今回の場合「i」+「Pad」+「mini」というコンビネーションがこれに該当するという。

TechCrunchによれば、Appleが「IPAD MINI」の商標を認められるには、「MINI」という単語自体に特殊性を持たせる必要があるという。またPatently Appleでは、同商標を申請時のAppleの処理の問題や、既存の「IPAD」の商標との整合性が問題視されたとの指摘もある。iPad mini発表直後に同商標を申請したAppleだが、その登録は難しいようだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『星のカービィ』一番くじに、ドットやゲーム画面デザインのアイテムが登場
[19:00 9/30] ホビー
シャープ、有機ELディスプレイのパイロットラインに574億円を投資
[18:49 9/30] テクノロジー
[注目アニメ紹介]「タイガーマスクW」 34年ぶりの新作アニメ 2人のタイガーに注目
[18:44 9/30] ホビー
[カノン]比嘉愛未、佐々木希、ミムラが3姉妹役で共演 親子の絆を硬軟織り交ぜ描く
[18:43 9/30] エンタメ
[フジテレビ亀山社長]古舘伊知郎の新番組 日曜2時間枠で「サラリーマン層取り込む」
[18:43 9/30] エンタメ