Apple、iPad miniの商標登録が米特許商標局に却下される

Junya Suzuki  [2013/04/01]

米Appleが米特許商標局(USPTO)に申請していた「IPAD MINI」の商標が、同局に申請を却下されていたことが判明した。「MINI」の部分が「単なる商品の説明」とのことで、製品個別のユニークな性格を示したものではないことに由来するという。

同件はTechCrunchPatently Appleなどが報じている。

このUSPTOによる申請却下の文面は1月24日に送付されており、つい先日に一般公開された。TechCrunchが保存した文面はこちらのサイトで確認できる。申請却下の理由としては「MERELY DESCRIPTIVE」(単に詳細を説明しているだけ)が文面の中で示されており、汎用的な単語のコンビネーションで製品の説明を行っているに過ぎないとの見解のようだ。具体的には「(インターネットを意味する) iのプリフィクス」+「製品の性格を説明する英単語」の組み合わせで、今回の場合「i」+「Pad」+「mini」というコンビネーションがこれに該当するという。

TechCrunchによれば、Appleが「IPAD MINI」の商標を認められるには、「MINI」という単語自体に特殊性を持たせる必要があるという。またPatently Appleでは、同商標を申請時のAppleの処理の問題や、既存の「IPAD」の商標との整合性が問題視されたとの指摘もある。iPad mini発表直後に同商標を申請したAppleだが、その登録は難しいようだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ふたがしら2]松ケン主演時代劇続編9月17日放送決定 成宮と菜々緒の濃密シーンも健在
[08:00 6/25] エンタメ
お金がない休日の過ごし方
[08:00 6/25] マネー
【連載】鉄道トリビア 第360回 電車の運転中、運転士がガムを噛むことは認められている
[08:00 6/25] ホビー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第691回 人を叱る時には大事なことよね
[08:00 6/25] 趣味
遠藤憲一、悪い刑事役で真骨頂の演技を披露!“乾いた笑顔”が恐すぎる
[07:00 6/25] エンタメ