東京書籍、マイクロソフトと協業しWindows Azure上でデジタル教科書提供

 

東京書籍と日本マイクロソフトは3月29日、小・中・高等学校でのデジタルデバイスとICT 利活用推進に向けて協業し、自治体・教育委員会・教育機関への教育ソリューションの訴求を行うと発表した。

具体的な取り組みの第1弾としてWindows 8向け学校生活支援アプリ「School Palette(スクールパレット)」を7月下旬から提供する。なお、本格提供の前に、ベータ版が5月下旬から提供される予定。

Windows 8上の「School Palette(スクールパレット)」スタートメニュー

School Paletteは、Windows ストア上で無償公開され、アプリは先生モードと児童・生徒モードの2種類が用意される。

児童・生徒向けには、時間割、スケジュール、デジタル教科書・副教材、ニュース(朝日新聞、朝日小学生新聞/朝日中学生ウィークイリー)が提供され、先生向けには、授業計画(週案・時数管理)、お知らせ・掲示板、指導用教材、ニュース(朝日新聞)などが提供される。

先生モードと児童・生徒モードの2種類が用意される

デジタルコンテンツでは、東京書籍をはじめとした教科書・教材会社、出版社、メディアなどが300点以上のデジタル教科書・教材、教育コンテンツを配信し、価格は有料/無料で半々程度だという。なお、東京書籍では、競合の教科書会社のデジタルコンテンツを配信するもことも検討しており、現在、他社に声をかけているという。

先生用の予定画面

先生用の時間割、右端には各教科ごとにこれまで消化した授業数を表示する

先生用のニュース画面

デジタル教材一覧画面

英語のデジタル教科書では、ネイティブな英語による読み上げやフラッシュカード機能がある

サービズ提供は学校向けで、現在学習塾への提供は考えていないという。

これらの教育向けコンテンツは日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Windows Azure」 上で管理・配信され、日本マイクロソフトは東京書籍をはじめとした教科書会社などが保有する教育コンテンツのデジタル化やクラウド経由の配信、アプリ開発のための技術支援を行う。

School Paletteの配信図

また、日本マイクロソフトは自社オフィスに設置した体感型コンセプトルーム「マイクロソフト 21世紀の教室~ Windows in the Classroom ~」や、 Windows 8デバイスを発売するパートナー各社などとの連携を通じ、全国の教育機関・教育委員会に対して「スクールパレット」と「Office 365 Education」と組み合わせたWindows 8 デバイス、クラウドサービスの総合的な活用提案を行う。

「School Palette」はすでに和歌山市教育委員会などでの試験導入が決まって おり、2社は今後さらに取り組みを拡大し、全国の教育機関への導入を目指すという。

協業を発表した東京書籍 代表取締役社長 川畑慈範氏(右)と日本マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏(左)

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン
スバル新型インプレッサ「SPORT」「G4」先行予約開始 - 安全機能さらに強化
[12:03 9/1] ホビー
[松嶋尚美]元相方・中島知子について語る オセロ復活は?
[12:00 9/1] エンタメ