IE11、CSSハック回避へ!?

Windows Internet Explorer 10

これまでIEは標準仕様への準拠よりも後方互換性を重視する傾向があった。特にIE8まではその傾向が強い。このため、WebページのCSSにはIE6、IE7、IE8に対しては別のスタイルシートを設定するなどして、デザインが崩れないように工夫することが多い。しかしこの取り組みは、IE11以降は不要になる可能性がある。

次期Windowsとして登場が推測されている「Windows Blue」には、ブラウザとしてIE11が搭載されると考えられているが、このIE11のユーザエージェントの文字列が不思議なことになっていると、IE11 to appear as Firefox to avoid legacy IE CSSが伝えている。

開発中のIE11と見られるブラウザはユーザエージェントの文字列として「Mozilla/5.0 (IE 11.0; Windows NT 6.3; Trident/7.0; .NET4.0E; .NET4.0C; rv:11.0) like Gecko」を使っているという。これまで使われていたMSIE文字列の代わりにIEという文字列が使われ、さらにlike Geckoという表記が追加されている。CSSによる切り分けの対象とならず、FirefoxやChrome、Safari向けに提供される通常のコンテンツが配信されるように考慮し、こうした文字列へ変更を試みている可能性がある。



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事