Apple、ID管理に2段階認証オプションを用意

 

TwitterやEvernoteが不正アクセス被害を公表するなど、サイバー攻撃と見られる企業システムへの攻撃がオンラインサービスの根幹を脅かす中、米Appleが2段階認証オプションをApple IDシステムに追加した。現時点では、米国、英国、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドのAppleユーザーに提供されており、少しずつ提供地域を拡大するという。

2段階認証は、My Apple IDページで「Manage your Apple ID (Apple IDを管理)」にサインインし、「Password and Security (パスワードとセキュリティ)」で有効にして、SMSまたは「iPhoneを探す」の通知を受け取れるデバイスを1台以上登録する。以下のようなケースでは、Apple IDアカウントへのサインインにパスワードとデバイスに送信されてくるコードの入力が必要になり、パスワードが漏洩したとしてもアカウントが乗っ取られるのを防げる。

  • アカウント情報を管理するためにMy Apple IDにサインインする時
  • iTunes Store、App Store、iBookstoreにおいて新しいデバイスで買い物をする時
  • Apple ID関連のサポートをAppleから受ける時

2段階認証を有効にしたAppleユーザーは、設定時に14桁のリカバリーキーを受け取る。登録したデバイスが使えなくなった時や、パスワードを忘れた時は、これを用いることでアカウントへのアクセスを回復できる。

人気記事

一覧

新着記事

米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー
花澤香菜、ハロウィンスペシャルライブ開催! 新曲「ざらざら」初披露
[02:21 10/2] ホビー
声優・小倉唯、7thシングル「Future Strike」よりMUSIC VIDEOの一部を公開
[01:00 10/2] ホビー
ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味