Apple、ID管理に2段階認証オプションを用意

TwitterやEvernoteが不正アクセス被害を公表するなど、サイバー攻撃と見られる企業システムへの攻撃がオンラインサービスの根幹を脅かす中、米Appleが2段階認証オプションをApple IDシステムに追加した。現時点では、米国、英国、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドのAppleユーザーに提供されており、少しずつ提供地域を拡大するという。

2段階認証は、My Apple IDページで「Manage your Apple ID (Apple IDを管理)」にサインインし、「Password and Security (パスワードとセキュリティ)」で有効にして、SMSまたは「iPhoneを探す」の通知を受け取れるデバイスを1台以上登録する。以下のようなケースでは、Apple IDアカウントへのサインインにパスワードとデバイスに送信されてくるコードの入力が必要になり、パスワードが漏洩したとしてもアカウントが乗っ取られるのを防げる。

  • アカウント情報を管理するためにMy Apple IDにサインインする時
  • iTunes Store、App Store、iBookstoreにおいて新しいデバイスで買い物をする時
  • Apple ID関連のサポートをAppleから受ける時

2段階認証を有効にしたAppleユーザーは、設定時に14桁のリカバリーキーを受け取る。登録したデバイスが使えなくなった時や、パスワードを忘れた時は、これを用いることでアカウントへのアクセスを回復できる。

人気記事

一覧

新着記事