2012年の国内携帯電話シェア、アップルが初の1位を獲得 - IDC Japan調査

IDC Japanは、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2012年第4四半期(10~12月)、および2012年通年の出荷台数を発表。年間でアップルが初の1位を獲得したことが明らかになった。

2012年第4四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア

2012年第4四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比6.3%増の1,133万台となり、2四半期連続で1,000万台超という数字になった。このプラス成長は、iPhone 5に代表されるiOS端末の出荷台数が順調に拡大したこと、Android端末も順調にプラス成長を記録したことが主要因であると分析している。

また、ベンダー別出荷台数シェアは、アップルが32.8%の市場占有率を獲得して2四半期ぶりに首位の座に返り咲き、以下トップ3は、スマートフォンの販売が好転したシャープが、前四半期から順位を1つ上げて第2位、逆に富士通は順位を2つ下げて第3位となっている。

2012年第4四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア

同期におけるスマートフォン出荷台数は、前年同期比29.2%増の883万台となり、こちらのベンダー別シェアにおいても、アップルがシェア42.1%で首位の座を維持している。

2012年 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア

2012年 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア

2012年通年の携帯電話出荷台数は、前年比6.4%増の4,040万台となり、2008年以来4年ぶりに4,000万台を超える規模を記録。ベンダー別で見た場合、1年を通してiPhone 4SおよびiPhone 5で高い販売シェアを維持したアップルが、国内市場では初となる年間第1位を獲得した。スマートフォンの出荷台数は、前年比29.2%増の2,848万台となり、同年の国内携帯電話に対するスマートフォンの出荷比率は、前年の52.8%から70.5%へとさらに上昇傾向にある。ベンダー別のシェアでは、やはりアップルが首位で、年間の占有率は33.1%となっている。

人気記事

一覧

新着記事