Evernote対抗のメモ書きアプリ「Google Keep」が間もなく登場か

 

「Google Keep」というメモ書きサービスがWeb上に出現し、すぐに消されたことが話題となっている。内容的には以前に存在していた「Google Notebook」に酷似しているもので、Evernote対抗になるサービスといえる。Google Keepという名称は過去に何度も公の場に出現しており、間もなく正式ローンチが行われるサービスの1つだとみられている。

同件はAndroid Policeが最初に発見報告したもので、「Google Keep」の公式ページのほか、Play Store上に該当アプリが存在することが確認されている。だがAndroid Policeが報告しているように、同アドレスのページはすぐにGoogleによって削除され、現在はアクセスしても404エラーが表示されるだけだ。ただし、この404エラーページは実際にサーバが生成しているものではなく、あくまで正規のページを隠すためのフェイクだというのが同誌の分析だ。またアドレスにGoogle Driveの表記があることからもわかるように、Google Driveを構成するサービスの1つとみられる。

実際のGoogle Keepの内容だが、テキスト入力やリスト作成など、いわゆるメモ書き/クリッピング機能を提供するサービスとなっている。PCのWebブラウザから同サービスにもアクセスできるが、その挙動を見る限りモバイルWebに最適化されたサービスである可能性が高いとAndroid Policeはみている。先ほどのAndroid用アプリの存在と合わせ、モバイル端末から利用するサービスなのだろう。TechCrunchによれば、このKeepの前任にあたるGoogle Notebookが2009年に廃止されて以降、ユーザーがEvernoteなどライバルの提供するサービスに移っていく傾向がみられたという。もし同種のサービスを再び提供することでユーザーの呼び戻しを考えているのであれば、Evernote対抗を意識したサービスだといえるだろう。Google Keepという名称自体は昨夏にもGoogle+の投稿で見られるなど、すでに長期間にわたって準備を進めている様子がうかがえる。これら状況証拠から、まもなく正式サービスインが公表されることになるかもしれない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットワン、三菱重工エンジン会社のIoT活用ネットワーク基盤を構築
[10:55 9/26] 企業IT
ボーイング777X、ロックウェル・コリンズ製で飛行操作をタッチスクリーン化
[10:53 9/26] 趣味
JCOMと小田急、町田市など、「情報発信連携協力に関する協定」を締結
[10:52 9/26] 企業IT
薄毛になりやすい女性の髪型は? - 専門医に聞く薄毛の種類と原因
[10:43 9/26] ヘルスケア
JTB、マツダ、広島電鉄が観光案内センターを3社連携で開設
[10:32 9/26] 企業IT