私用スマートフォンの業務利用、73.5%の人が効果あり - MMD研究所調査

 

MMD研究所は13日、私用スマートフォンで業務利用をしている25歳から49歳までのビジネスパーソン446人を対象にした「職場での私用スマートフォンの利用実態調査」の結果を公表した。調査結果では私用スマートフォンの業務利用で効果を感じている人が73.5%に達することがわかった。

私用スマートフォンの業務利用者にスマートフォンの利用による効果について調査したところ、73.5%の人が何らかの効果があったと回答した。具体的な内容は「仕事の効率、スピードが上がった」が43.0%、「社内のコミュニケーションがとりやすくなった」が33.4%、「情報収集力があがった」が27.6%%という結果になった。

私用スマートフォンの業務利用に対する効果

次に業務利用のシーンを「メール編」「コミュニケーション編」「資料編」「その他」の4項目にわけて調査。メールの利用シーンでは「会社のサーバーに接続し、メールを利用」が37.4%でトップ、「会社メールを個人メール等に転送し、メールを利用」が30.0%、「会社のPCにリモート接続し、メールを利用」が15.5%、全体では、59.0%の人が何らかの形で会社のメールを受信していることがわかった。

私用スマートフォンの業務利用方法(メール編)

コミュニケーションの利用シーンについては「社員同士の電話連絡、電話会議に利用」が58.3%、「お客様や取引先との電話連絡、電話会議に利用」が47.1%、「社内の連絡先をアドレス帳に登録」が43.7%で上位3位を占めた。

私用スマートフォンの業務利用方法(コミュニケーション編)

資料の利用シーンについては、「ホワイトボードや紙の資料を撮影し、閲覧に利用」が31.4%、「資料を個人メールに送信し、閲覧や修正に利用」が29.4%、「資料をDropboxやEvernote、iCloud等に保存し、閲覧や修正に利用」が24.4%で上位となった。全体では56.1%の人が何らかの形で会社の資料を私用スマートフォンに入れていた。

私用スマートフォンの業務利用方法(資料編)

その他の利用シーンについては、「仕事のスケジュール管理」が44.8%、「社内の無線LANに接続して、社内のシステムの利用」が21.5%、「会社のシステムにリモートアクセスして、会社システムの利用」が19.5%となった。

私用スマートフォンの業務利用方法(その他)

業務利用している私用スマートフォンに入っている業務に関連する情報については、社内の連絡先(40.8%)、お客様や取引先の連絡先(36.8%)、会社のメール情報(33.6%)が上位となった。会議や打ち合わせ資料(17.3%)や、お客様や取引先との取引情報(9.4%)といった情報も私用スマートフォンに入っていることがわかった。

業務利用している私用スマートフォンに入っている業務関連情報

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー