日本IBM、クラウド上でアジャイル開発を支援するPaaSの提供開始

 

日本IBMは2月26日、同社が提供するIaaS環境「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」上で動作する、アジャイル開発を支援し、開発と運用の連携を推進する環境を提供するPaaS形式のクラウド・サービス「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」を提供開始すると発表した。すでに一部の顧客には提供を開始している。

SCEを契約するユーザーであれば、追加の契約をすることなく、SCEポータルサイトからすぐに利用を開始できる。価格はサービスや機能、ミドルウェアごとに、ユーザー数や使用時間にもとづいて設定されており、月額定額制または従量課金制で最適な利用料金を選択できる。

「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」の概要

「IBM SmarterCloud Application Services R1」では、「Collaborative Lifecyvle Management Service(CLMS)」と「Application Workload Service(SCAWS)」の2つのサービスを提供する。

日本IBM スマーター・クラウド事業部 ソリューション 理事 クラウド・マイスター 紫関昭光氏

日本IBM スマーター・クラウド事業部 ソリューション 理事 クラウド・マイスター 紫関昭光氏によれば、これらは、クラウドサービス開発プロセスにおける2つのギャップを埋めるための製品だという。

1つは、サービスを企画する企画部門と開発を行う部門のギャップで、紫関氏によれば、企画部門はユーザーニーズに柔軟に対応するため、仕様変更を柔軟に行いたいというニーズがあり、開発部門には、できる限り早く仕様を確定させて開発したいというニーズがあるという。これらを解決するためには、アジャイル開発を取り入れる必要があるが、CLMSはこのときに、企画部門と開発部門の情報連携をサポートする製品。

クラウドサービス開発プロセスにおける2つのギャップ

CLMSでは、統合されたアプリケーション・ライフサイクル管理を実現する「IBM Rational」シリーズの「Rational Requirement Composer」(要件管理)、「Rational Team Concert」(開発リソース管理)、「Rational Quality Manager」(テスト管理)といったソフトウェアを活用し、チームによる協働開発およびアジャイル開発を支援する開発環境を提供する。価格は、5人で利用した場合、月額8万円程度からになるという。

「Collaborative Lifecyvle Management Service(CLMS)」

一方、SCAWSは、できる限り本番に近い環境でテストを行いたいが本番と同じ環境を作り出すのが難しいというギャップに応える製品で、パターンや仮想イメージの開発・管理ツール「IBM Workload Deployer」を活用し、IBMやIBM以外のベンダーから提供される定義済みのパターンや仮想イメージにもとづくアプリケーションの開発、展開、管理の機能を提供する。これにより、あらかじめ登録されたテンプレートをベースに作成した定義ファイルにより、1クリックで本番環境を構築することが可能になるという。価格は、月額8,000円程度からになるという。

「Application Workload Service(SCAWS)」の画面

また、レスポンスが悪化した場合に、システムを自動的にスケールアウトする機能、フェイルオーバーやバックアップなどのサーバ運用をセミオートで行う機能、複数サービスを利用する場合の共用サービスであるファイアウォール、ロードバランサ、キャッシュサーバなどの機能も提供する。

「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」を利用するユーザーであれば、特に新たな契約を結ばなくても、右上の「サービス・インスタンスの追加」でSCASを利用できる

テンプレートからシステム定義ファイルを作成するSCAWSのVisual Application Builder

IBM SmarterCloud Application Servicesは、2012年12月より基本機能のリリースおよびサービスの追加や機能の拡張をグローバルで順次展開しており、今後サービスを拡充していく予定。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事