サンワダイレクト、HDMI入力とバッテリ駆動を備えた小型プロジェクタ

 

サンワダイレクトは26日、バッテリ駆動に対応した小型モバイルプロジェクタ「HDMIモバイルプロジェクター(DLP・MHLスマートフォン対応・小型・85ルーメン) 400-PRJ018」を発売した。ブラックとホワイトの2色を用意。サンワダイレクト本店、楽天市場店、Yahoo!ショッピング店、Amazonマーケットプレイス店のみの限定販売となり、価格は42,800円。

「HDMIモバイルプロジェクター(DLP・MHLスマートフォン対応・小型・85ルーメン) 400-PRJ018」

コンパクトサイズのDLPを採用したモバイルプロジェクタ。HDMI(Ver.1.3)入力を備え、HDMIケーブルにて映像と音声を同時に入力できる。MHLアダプタを内蔵しており、MHL対応スマートフォンの映像と音声もケーブル1本で投影可能。

電源は付属のACアダプタか内蔵バッテリで、内蔵バッテリの容量は3,800mAh、連続投影時間は約1.5時間。本体にはUSB電源出力(500mA)も搭載しており、本機の内蔵バッテリを利用して、スマートフォンなどを充電できる。

その他の主な仕様は、解像度が854×480ドット、アスペクト比が16:9、フォーカスがマニュアル、明るさが最大85ルーメン、コントラスト比が1,000:1、スクリーンサイズが10~60インチ、投影距離が0.2m~3m。

本体サイズはW99×H99×D20.5mm、重量は230g。付属品は、ACアダプタ、キャリングポーチ、HDMIケーブル、HDMI-MHLケーブル、三脚など。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

KickassTorrents、別ドメインで復活か - 続く追跡劇
[15:18 7/25] 企業IT
2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン
柏木由紀、初主演舞台は「"AKB48の柏木由紀"を捨てたつもりで!」と気合
[15:00 7/25] エンタメ
Linuxカーネル4.7登場
[14:30 7/25] 企業IT