ドコモら3社、日中韓のWi-Fiローミング推進について協業

 

NTTドコモは2月25日、中国の通信事業者China Mobile Communications Corporationの子会社China Mobile International Limitedおよび韓国のKT Corporationの3社は、日中韓の3カ国間でのWi-Fiローミングの推進について協業することを明らかにした。3社は共同で、スペイン・バルセロナで2月25日(現地時間)より開催される展示会「Mobile World Congress 2013」にブースを出展する。

ドコモとチャイナモバイル、KTは現在、アジアにおいてニーズが高いエリアを中心にWi-Fiサービスを提供している。3社は今回の合意に基づき、複数必要であった事業者間協定・接続を一本化し、ハブ事業者を介して日本/中国/韓国へのWi-Fiローミングインを他国の通信事業者に提供するスキームを構築する考え。ハブ事業者は、China Mobile International Limitedがそのひとつとして参画。2013年度第1四半期内のサービス提供開始を目指すとしている。

このほかドコモとチャイナモバイル、KTの3社は、さらなる利便性向上を目的とし、SIM認証技術によりWi-Fi接続時に求められるIDおよびパスワード入力が不要となる接続方式を採用。2013年度第1四半期を目処にWi-Fiローミングインを利用するユーザー向けにサービスを提供する予定。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

性能強化とデザイン刷新、東芝のホームノートPC最上位機「dynabook T85/A」はどこか変わった?
[12:06 9/25] パソコン
池松壮亮×斎藤工『無伴奏』キス直前のメイキング公開「チューされるんだ」
[12:00 9/25] エンタメ
Facebookアカウントを永久に消し去る方法
[12:00 9/25] 企業IT
[松本人志]SMAPへの紅白公開オファーに「なんか利用してる」
[11:51 9/25] エンタメ
松本人志、がん闘病ブログの小林麻央を称賛「偉人に近い」
[11:51 9/25] エンタメ