mLogic、Thunderbolt接続に対応したMac向け外付けPCI Express拡張ボックス

 

アスクは25日、米国mLogicの製品の取り扱いを開始し、Thunderboltを2基搭載したMac向け外付けPCI Express拡張ボックス「mLink」シリーズを発表した。3月上旬より発売を予定する。店頭予想価格は、ハーフレングス対応モデルが55,800円前後。RED DIGITAL CINEMA製のアクセラレーターボード「RED ROCKET」専用フルレングス対応モデルが95,000円前後。

ハーフレングス対応モデル

フルレングス対応モデル

mLinkシリーズは、Thunderboltを標準搭載したMac向けにPCI Expressカードを外付けで利用できる拡張ボックス。最大10Gbpsの転送速度を備えるThunderbolt接続に対応し、高速なPCI Expressカードを快適に利用できるという。ハーフレングス対応モデルとフルレングス対応モデルをラインナップするが、フルレングス対応モデルはRED DIGITAL CINEMA製のアクセラレーターボード「RED ROCKET」専用となっている。

外部との接続インタフェースはThunderbolt×2基、PCI ExpressスロットはPCI Express (2.0) x4×1(ただしスロット形状はx16)。本体サイズと重量は、ハーフレングス対応モデルがW69×D206×H149mm/0.8kg、フルレングス対応モデルがW83×D279×H149mm/1kg。

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー