ファイル共有ソフトを使った著作権侵害、一斉取締りで27人逮捕

ニュース
トップ

ファイル共有ソフトを使った著作権侵害、一斉取締りで27人逮捕

  [2013/02/23]

警察庁は2月22日、全国47都道府県警察によるファイル共有ソフトなどを使用した著作権法違反事件の一斉集中取締り結果について発表した。一斉集中取締りは2009年から実施されており、今回が4回目となる。

発表によると、一斉集中取締りは2月19日から21日にかけての3日間に実施。映画やアニメなどのコンテンツを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にするなど公衆送信権を侵害した著作権法違反について、全国で124箇所を捜索し、27人を逮捕した。

この内、日本レコード協会では協会会員レコード会社がに関わる逮捕案件を公表している。

日本レコード協会の発表によると、山形県の男性(41歳)がファイル共有ソフトShareを使用し、権利者に無断で楽曲をアップロードしていたとして逮捕されたほか、香川県の男性(42歳)についても、Shareを使用し権利者に無断でビデオクリップの映像をアップロードしていたとして逮捕されている。

また、一般社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)では、1月に行った「ファイル共有ソフトの利用実態調査(クローリング調査)」の結果を発表している。Winnyに接続しているノードが1日あたり約2万台(2012年3月調査では3.4万台)、Shareが約5.9万台(同9.2万台)、PerfectDarkに接続しているノードが1日あたり約3.4万台(同4.9万台)、という結果で、調査対象のWinny、Share、PerfectDarkのいずれも大きく減少している。

特に、2012年10月1日の違法ダウンロードの刑事罰付加に関する改正著作権法の施行によって、ノード数が大きく減少しているという。

これらのファイル共有ソフトにあるコンテンツがすべて違法なものというわけではないが、ACCSの利用実態調査では、Winny上で流通するファイル全体の43%、Shareでは49%、Perfect Darkでは61%が著作物で、その9割以上が違法に送信されていると推定している。

WinyとShareの2007年からの推移(発表資料より)

Winny、Share、PerfectDarkの2012年9月からの推移(発表資料より)

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    不倫サイトを狙ったサイバー攻撃、理由は「理不尽な経営方針」
    [17:00 8/2] エンタープライズ
    [チュートリアル福田]格闘熱上昇で「UFC」番組出演を直訴
    [16:23 8/2] エンタメ
    西村ツチカが谷崎潤一郎の「人間が猿になった話」をマンガ化、WEBで公開
    [16:21 8/2] ホビー
    ピアス、いつから付けてる?【前編】ピアスを開けた時期と季節、トラブル
    [16:00 8/2] ライフ
    [セバスチャン・サルガド]息子ジュリアーノ監督が撮った父のドキュメンタリー「人類の希望となる映画だ」
    [15:54 8/2] エンタメ

    特別企画 [PR]

    一覧