東京メトロで沿線情報やニュース動画を配信する実験がスタート

 

アプリアイコンイメージ

東京メトロとNTTBPは、2月14日から7月31日まで、共同で東京メトロの駅構内無線LANを活用した情報配信サービス「MANTA(Metro Amusement Network Trinity App)」を試験的に実施する。駅構内無線LANを活用して利用客の現在地を把握し様々な情報を配信する情報プラットフォームを構築する。利用客は駅情報や沿線等の情報、ニュース動画の配信などを受けることができる。

試験的に始まるサービスは、東京メトロの駅構内において鉄道情報や沿線地域等に関する情報配信を行い、東京メトロによる移動時間を楽しめるようにするための試み。対応端末で専用アプリをインストールすると、利用客のいる駅の情報が自動配信され、検索の手間なく滞在駅の時刻表、構内図などの駅情報を取得することができる。

利用可能な主なサービス

このほか、サービスエリア内では、当日のニュース動画、手軽に読めるトレンド情報など、日常生活に役立つコンテンツが自動配信される。また、フリーインターネットサービスとして、駅構内において無料でインターネットを利用できる。

今後全駅へのサービス展開はもちろんのこと、沿線地域にも拡大し、地域と連携した様々なコンテンツの制作を行うなど、「MANTA」による「便利で・楽しく・新しい」サービスを展開していく予定。

2月14日時点のサービス提供場所は、銀座線全19駅/北千住駅(千代田線のみ)/秋葉原駅/銀座一丁目駅/大手町駅/有楽町駅/日比谷駅/六本木駅/新宿三丁目駅/新宿駅/高田馬場駅/池袋駅/小竹向原駅。

利用にあたっては、専用アプリ「MANTA」のダウンロードが必要。対応OSはiOS 5.1以降、Android 2.3以上。2月14日段階ではAndroidアプリのみの提供、iOSアプリは近日公開予定。

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス