こんなお部屋が運気を上げる! 押さえておきたい四つのチェックポイント

新生活には、快適で発展しつづける毎日を望みたいもの。ところで、あなたは何も考えず家具を置いたりしていませんか? 日々の暮らして「なんとなく」続けていることが、実は風水的に問題となり、運気を下げてしまっているかもしれません。より快適な生活を送るためには、風水についても最低限の知識を持っておきたいと思いませんか?

風水には、環境の改善から心身を健康にするといった効果があります。例えば、家の隅をキレイにすることで気の流れがよくなったり、南側に観葉植物を置いたりすることは視覚的・衛生的によいとされています。実際にカビの発生を防ぎ、建物を長持ちさせるといった根拠もあります。 風水を活用すれば、さらに健康で快適な生活を送れる可能性があるのです。

■運気を呼び込む窓
日当たりが衛生面に影響を与えることはご存じのとおりです。そこで風水では、窓のあり方が運気を左右する重要な要素となっています。西に窓があると金運をよくする効果があり、最適なカーテンは黄色です。加えて寝室や子供部屋では陽の気を遮断する遮光カーテンを避け、レースの二重カーテンにすることで運気が上がります。

もっとも健康を左右する寝室は、北枕にすることで眠っていた才能が開花するといわれます。また黒やグレーの寝具は運気を失ってしまうので、使わない方がよいでしょう。自分が寝ている姿が映らないよう、鏡やパソコン、テレビなどを遠ざけることも大切です。

■玄関は“気”の入り口
つづいて重要なのが玄関です。玄関は“気”の入り口となり、表札がないと“気”が入ってこられません。またスポーツや遊び道具を置くと、主人の運気が下がるといわれています。
ついつい物を置きがちな玄関スペースですが、うまく気が流れ込むように導線を作ってあげることが大切です。また死んだ花は“陰の気”をためてしまいますので、ドライフラワーは置かないようにしましょう。

■お部屋に置いて良いもの悪いもの
リビングやお部屋に、たまった古新聞や古雑誌を置いている方もいらっしゃるでしょう。これらは、発展運を下げる原因となります。その他にもぬいぐるみやキャラクターをたくさん並べて、クッションを置いた数が奇数だと、恋愛運が下がってしまうようです。
また、日が沈む西側に仕事関連のものを置くと、仕事運は停滞します。これから社会に出る新社会人の方は、特に注意しておきたいポイントですね。お部屋の隅や廊下に観葉植物を置くと、気の流れが良くなるのでお勧めです。

■火と水の気をコントロールする
キッチンは、食べ物をつくるエネルギーの場所です。“火の気”が強く、すべて燃えてしまうことになるため、財布などを置くと金運が下がってしまいます。料理を食べるテーブルにも運気が関係しています。
また、ダイニングテーブルは、安定感のない丸い形よりも、四角形や楕円(だえん)形のテーブルを使うと良いでしょう。

また水場といえば、トイレも大切です。悪い水の運気を漂わせないため、便座のふたはちゃんと閉めるようにしましょう。スリッパやマットは健康運を上げるアイテムです。暖色系のグリーンやピンク、イエローだとさらに効果的です。

新生活をうまく運びたい! という方には、こうした風水を取り入れてみるのも一つの手です。悪い運気を呼び込まず、良い運気を逃さないように、最低限のポイントは抑えておきたいですね。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年7月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事