ハンファ、接地面を振動させて音を鳴らすBluetoothスピーカー

「Vibration Speaker UMA-BVS01」

ハンファ・ジャパンは2月6日、スマートフォン向けのBluetoothスピーカー「Vibration Speaker UMA-BVS01」を「UMAZONe(うまぞん)」ブランドから発売した。「ハンファ・ジャパンUMAZONe本店」「ハンファ・ジャパン楽天市場店」「ハンファ・ジャパン Amazon店」で購入可能。直販価格は2,980円となっている。

接地した面を振動させることで音を鳴らすスピーカー。接地面にはゲル素材が用いられており、設置場所にピッタリと密着する。

スマートフォンやポータブルプレーヤーとの接続インタフェースとしては、Bluetoothの利用が主に想定されているが、付属のUSB/オーディオ分岐ケーブルを利用すればプレーヤー側のヘッドホン出力と接続することも可能だ。Bluetoothのバージョンは2.1。

接地面に用いられているゲル素材は、軽い水洗いで吸着力が回復する

スマートフォンとの接続にはBluetoothを使用する

その他の主な仕様は、実用最大出力が10Wで、バッテリーが内蔵式のリチウムイオン充電池、バッテリー駆動時間が約6~8時間となっている。サイズはφ54×H54mm(振動パット部を除く)で、重量は約328gだ。

人気記事

一覧

新着記事