モテない人にありがちなSNSの使い方

モテない人にありがちなSNSの使い方

最近、出会いのツールとして盛り上がっているのがSNS。SNSをきっかけに彼氏・彼女と出会ったという人、結婚したという人もかなり増えました。

ですが、SNSですてきな男性と出会うには、現実世界での出会いとはまた違った苦労があるようです。では実際にどのような行動をとれば、SNSを通してすてきな恋愛をすることができるのでしょうか。

■うそのプロフィールや加工した写真は、余計に相手をがっかりさせるだけ

まず、自分の情報にうそを書かないことです。例えば、プロフィールにうそをつかない。これはとても重要なことです。大学名や勤めている会社などについてうその情報を書き込むと、一時はチヤホヤされるかもしれませんが、バレた時にトラブルのもとになりかねません。

写真も同様です。自分に自信がないからといって別の人の写真を出す人や、加工をする人もいるようです。肌の色をキレイに見せたり、クマを加工したり、顔にあるニキビの跡や傷の跡などを消したりする程度ならまだいいかもしれませんが、実際に会った時に「写真よりブスじゃねーか」と思われてしまったら意味がありません。

■自撮りの角度は、アイドルを見て研究せよ!

自撮りなども、凝ればそれなりにちゃんと撮影することができます。アイドルタレントなどを参考にして、自分がどの角度から撮影したら一番かわいく・かっこよく見えるのかを研究しておきましょう。自分の顔の輪郭が気になる人は、髪の毛などでさりげなく隠すなどして工夫をするのも大切です。

また、自分で撮影した写真ではなくアウトドアに出掛けたスナップ写真を加工して切り出したものなどをアップすると、社交的な一面をアピールできるかもしれません。

■投稿内容にも気を配る

SNSの魅力は、なんといっても投稿です。自分のことを発信したり、他の人の情報を得ることができる格好の場だというわけです。基本的には直接会って話す友人関係と同じで、自分の話ばかりを投稿し続けるのはNGです。仕事の愚痴だけではなく、適度に他の投稿などに反応する姿勢を見せるべきでしょう。

また、女性ならではの話題だけでなく、男性でもわかるような話題や男性ウケのよい趣味などの話もしてみると盛り上がりそうです。

■「投稿しすぎ」「夜遊びを投稿でアピール」はNG行為

SNSで気になる人とつながっている場合、注意すべき点はたくさんあります。まずは、「あまり投稿しすぎないこと」。

毎日何十回も投稿をしているようなヘビーユーザーは、恋愛においても重そうに見えてしまいます。「ネット以外にすることがない人なのかも?」「付き合ったら束縛されそう」なんて思われてしまうかも。

同じように、自分のスケジュールを公開して毎日のように飲みまくっている様子などを見せている人もいますが、これも恋愛感情を呼び起こしにくい行動です。飲むのが好きな人には理想の女性になりうるかもしれませんが、「付き合っても毎日飲みに行くのかな?」なんて思われてしまったら終わりです。

また、いくら盛り上がっているからといって変顔や女性らしからぬ下品なポーズ、露出度の高い格好の写真などは投稿しないほうがいいでしょう。

そして最後に、SNSでの出会いで心配なのが、「相手の人が本気なのか」という点に尽きます。

まだ会ったこともないのに「好き、早く会いたい」という気持ちを出しすぎると、相手がびっくりしてしまう可能性があります。恋愛心理学的観点から見ても、SNSでの出会いは普通の出会い以上に慎重になったほうが安全でしょう。

人気記事

一覧

2017年9月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事