ソニー、MD対応の録音再生機器の販売を3月で終了

 

ソニーは2013年3月をもって、ミニディスク(MD)に対応したシステムステレオ「CMT-M35WM」の出荷を終了すると発表した。これにより、ソニー製のMD対応録音再生機器の販売は全て終了することになる。

「CMT-M35WM」

ソニーは、カセットテープの売上が1988年に頭打ちになったことを受けて、1990年代に当時の社長であった大賀典雄氏の指揮の下、CDより小さなディスクを使った記録・再生技術の開発に着手。1991年に、新時代のパーソナルオーディオメディアとしてMDを発表した。そして、1992年には録音・再生機の「MZ-1」、再生専用機の「MZ-2P」、録音用メディアの「MDW-60」などを一斉に市場に投入。次世代の記録メディアとして注目された。

CMT-M35WMの出荷終了については、需要状況によっては予定より前に終了する可能性もあるとのこと。なお、MD録音再生対応システムステレオの修理については、ソニーの修理規定に従い受付を行う。

記録メディアとしてのMDに関しては当面、生産を継続するという。


関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア