ソニー、無線でメモリーカードにアクセスできるポータブルワイヤレスサーバ

ニュース
トップ

ソニー、無線でメモリーカードにアクセスできるポータブルワイヤレスサーバ

  [2013/01/31]

ソニーは31日、ワイヤレスでメモリースティックやSDカード、USBメモリなどの中にあるファイルを再生保存できるポータブルワイヤレスサーバー「WG-C10」を発表した。発売日は4月30日を予定。店頭予想価格は9,000円前後。

WG-C10

本体がWi-Fiに対応しており、メモリースティックやSDカードを装着することでWi-Fiストレージとして利用が可能。PCやスマートフォン、タブレットから、Wi-Fi経由でメモリーカードなどにアクセスして写真や動画、音楽、ドキュメントなどのファイルの再生や保存が行える。

スマートフォンやタブレットからの操作には、ファイル操作機能、データ再生機能を備えた専用アプリ「PWS Manager」を使用する。Android OSおよびiOSに対応し、製品の発売時には、Google play、App Storeからダウンロード可能となる予定。

使用例

USBホスト機能を備え、USBメモリやデジタルカメラをUSBで接続することで、機器内に保存されているファイルを、スマートフォンなどでの再生や保存が可能。スマートフォン内、あるいはWG-C10も装着したメモリーカードのファイルをUSBメモリに書き出して、データの受け渡しができる。

インタフェースは、IEEE802.11b/g/n(同時接続数は8台)、メモリカードスロット×1、microUSB 2.0×1、USB 2.0×1。USBで接続したモバイル機器へ5V/500mAの給電機能も搭載する。電源は内蔵のリチウムイオン充電池で、容量は2,210mAh。バッテリー表示ランプにより、電池残量の確認も可能。

本体サイズはW50×D105×H18.5mmで、質量は約135g(本体のみ)。対応OSは Android 2.3 / 4.0以降、iOS.5.0以降、Windows XP(SP3) / Vista(SP2) / 7(SP1) / 8、Mac OS X10.6以降。


関連したタグ

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      新着記事

      特別企画

      一覧