ロジクール、3台のAppleデバイス間で切り替えて使えるBluetoothキーボード

ロジクールは29日、MacやiPhone、iPadなどのAppleデバイスを最大3台までBluetoothで接続して使えるワイヤレスキーボード「ロジクール Bluetooth イージー スイッチ キーボード(K811)」を発表した。2月8日より販売を開始。価格はオープンで、同社が運営する直販サイトでの価格は10,800円。

ロジクール Bluetooth イージー スイッチ キーボード

最大3台までのAppleデバイス間でペアリングが可能なアイソレーション型のキーボード。接続先はワンタッチで切り替えることができる。また、バックライトを搭載。周囲の明るさに応じて自動で輝度を調整する「インテリジェントバックライトシステム」を備え、暗所でもタイピングが行える。

配列は81キーの英語配列でキーピッチは19mm、キーストロークは2mm。キースイッチはパンタグラフ式。指先にフィットするようにキートップをくぼませてカーブを漬けた「ロジクール Incurveキー」を採用する。加えて、同社独自の「ロジクール PerfectStroke キーシステム」によって、キーの隅をタイピングした場合でもなめらかに打てるという。

81キーの英語配列

デバイス間の切り替えはワンタッチで可能

本体サイズはW290×D128×H14mm。重量は338g。リチウムイオンバッテリを内蔵し、1回のフル充電で最大10日間の使用が可能。対応OSはMac OS X 10.6.8以降、iOS4.0以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事