2012年のスマートフォン、SamsungとAppleで市場全体の半数を占める

 

調査会社の米Strategy Analyticsの最新の調査報告によれば、2012年における世界の携帯電話出荷台数は16億台、そのうちスマートフォンは7億台に達したという。メーカー別ではSamsungとAppleが圧倒的シェアを獲得し、両社だけで全体の5割を占めており、3位のNokiaの5%を大きく引き離している。

Strategy Analyticsの携帯電話に関する調査報告スマートフォンに関する調査報告はそれぞれ同社Blogの中で参照できる。2011年に4億9050万台だった世界のスマートフォンの総出荷台数は、2012年には43%伸びて7億台に達した。特に2億1300万台と台数ベースで119%伸びたSamsungは30.4%のシェアを獲得し、1億3580万台で46%の伸びを見せて19.4%のシェアを獲得したAppleを引き離した。両社は2011年時点ではほぼ同程度の出荷台数(9300~9740万台)とシェア(19.0~19.9%)だった。

一方で2011年には7730万台の出荷があり、15.8%のシェアを獲得していたNokiaは、2012年の出荷台数が3500万台で5.0%のシェアと大きく後退した。理由の1つはスマートフォンでWindows Phoneへと大きく戦略転換を行い、これが不振だったことにあるが、ここ最近はLumia 920などが好調なこともあり、若干持ち直している。とはいえ、SamsungのGalaxyシリーズやAppleのiPhoneといった端末には遠く及ばない状況だ。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア