AKB48大島優子がセンター論「立った場所がその人にとってのセンター」

 

2月1日公開の映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の完成披露プレミア試写会が21日、東京・六本木のTOHOシネマズで行われ、AKB48の高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依が出席した。

前列左から板野友美、大島優子、高橋みなみ、峯岸みなみ、後列左から篠田麻里子、北原里英、横山由依、小嶋陽菜

昨年行われた念願の東京ドーム公演では3日間で84万人もの応募が殺到、総選挙といえばいまや彼女たちを思い浮かべるなど国民的アイドルグループまで上り詰めたAKB48。そんな彼女たちの2012年に完全密着した本作では、前田敦子卒業後の第2章や新エースをめぐるし烈な争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった真実を浮き彫りにし、密着インタビューを交えながら現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に描いていく。

この日は完成披露プレミア試写会には同グループのフロントラインを張るメンバー8人が舞台あいさつ。総監督の高橋は昨年行われた東京ドーム公演を「今振り返っても夢だったんじゃないかな~と思うぐらい素晴らしい時間でした。東京ドームの場所に立てたことが人生の中では宝だと思いましたね」と感慨深く語り、前田敦子を筆頭にメンバーが卒業した2012年を振り返って「たくさんの別れがあった1年でした。うれしい卒業もあり悔しいと思ったこともありましたけど、どんなことが起きても明日がくるので、その子たちの背中を見守り、ここで頑張らないといけないと思いました」と決意を新たにした。

2012年は、初めての東京ドーム公演で発言した前田敦子の卒業宣言が大きなインパクトを与えた。その前田と熾烈なセンター争いを演じた大島優子は「センターがその場所に存在するというより、そこに向けられたスポットライトがたまたまそのメンバーを差したというか、センターが動いている感じ。空中に存在するというか、立った場所がその人にとってのセンターだと思います」と説明。また、前田敦子と同じ1期生の小嶋は「センターに立つと本当に緊張するし見える景色も全然違うんです。だから本当に敦っちゃんはすごいし偉大だな~と今でも思ってますね」とかつての同僚を絶賛していた。

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は、2月1日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事