ソニー、NFC搭載のネットワークストレージプレイヤー「LLS-201」を発表

 

ソニーは21日、非接触の無線通信技術NFCに対応した1TBハードディスク内蔵のパーソナルコンテンツステーション「LLS-201」を発表した。4月1日より予約受付を開始する。同製品はNFCを搭載したネットワークストレージプレイヤーで、専用アプリを使ってスマートフォンをかざすだけで写真や動画を自動で取り込み保存し、ワイヤレスでの再生・視聴や、クラウドサービスなどでの共有することができる。発売日は4月30日。価格はオープン、市場推定価格は3万円前後。

LLS-201

イメージ写真

「LLS-201」は、専用アプリ「PCS Manager」を使い、NFC搭載のAndroidスマートフォンやタブレットを本機の「N」マーク部分にかざすだけで、スマートフォンやタブレットに保存された写真や動画をワンタッチで取り込めるネットワークストレージプレイヤー。NFC非搭載のスマートフォン、タブレットや、Wi-Fi対応の「サイバーショット」「α」「ハンディカム」等からもワイヤレスで直接、写真や動画のバックアップが行える。

一度取り込み保存されたファイルは、ファイル名・サイズ・記録日時などが本機内に記憶され、次回以降の取り込み時には新たなファイル(差分)のみを効率よく自動で判断、選別して取り込む。ファイルは取り込みと同時に時系列で整理され、本機とWi-Fi接続したスマートフォンやタブレットから、「PCS Manager」でコンテンツを一括管理、閲覧が可能。

このほか、ビデオカメラで撮影した高画質な動画ファイル(AVCHD等)を、スマートフォンやタブレットで視聴できるよう動画変換機能も搭載。スマートフォンやタブレットの機種に応じた設定を行えば、自動で変換を行う。保存した写真・動画は、ホームネットワークを利用しワイヤレスで視聴することができる。また、HDMI出力端子を搭載しておりテレビの大画面に映し出すこともできる。

インタフェースは、IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Hi-Speed USB(USB 2.0)、USB給電対応(最大2.1A)(x1)、メモリースティック デュオ、SDメモリーカード デュアルスロット(x1)、HDMI出力が1080/60pまで対応(x1)。再生対応フォーマットは写真がJPEG/MPO/RAW、動画がAVCHD/MP4/MPEG2 SD/MOV/3GPP(3GPP2)/AVI/MPEG1。サイズ・重量は、(W)約172x(H)32x(D)172(mm)/約500g。専用アプリの「PCS Manager」の対応機種はAndroid OS バージョン2.3以上のAndroidスマートフォンおよびタブレット、iOS 6.0以上のiPhone, iPod touch, iPad, iPad mini。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

アプリで"クサくないタクシー"を予約できる!? - P&Gが「ファブタク」開始
[16:26 8/30] マネー
阪急電鉄「スヌーピー&フレンズ号」神戸線・宝塚線・京都線で装飾列車運行
[16:24 8/30] ホビー
中古品の購入に慎重になる価格帯は?
[16:24 8/30] マネー
「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー