ソニーモバイル、Androidタブ「Xperia Tablet Z」発表 - 日本市場で発売

ソニーモバイルコミュニケーションズは1月21日、Androidタブレットの新製品「Xperia Tablet Z」を発表した。今春日本市場向けに提供する予定。

Xperia Tablet Zは、約10.1インチ(WUXGA)ディスプレイを採用しながら、厚さ約6.9mm、約495gの軽量ボディを実現。1.5GHzのクアッドコアプロセッサーを搭載し、LTE通信をサポートする。OSはAndroid 4.1。防水・防塵性能も備える。

Tablet Z

機能面では、「モバイルブラビアエンジン2」により、高輝度・高精細な映像表現を実現。加えて、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」により、迫力あるサウンドを楽しめる。

さらに、ソニー製裏面照射型CMOSセンサ「Exmor R for mobile」を採用した約810万画素カメラを搭載。暗い場所や逆光時でも自動でシーンを認識し、最適な設定で撮影できる「プレミアムおまかせオート」などの機能を備える。

本体カラ―は、Black(ブラック)とWhite(ホワイト)の2色

このほか、NFC(Near Field Communication)をサポート。同機能に対応したXperiaスマートフォンやソニー製機器にかざすだけで、写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングできる「ワンタッチ機能」も備える。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事