壇蜜、婦警コスプレから上着を脱いでテープ1枚に! 今年は「NGゼロの世界観」

グラビアアイドルの壇蜜が10日、都内で行われた映画『フリーランサー NY捜査線』の公開記念イベントに出席した。

映画『フリーランサー NY捜査線』の公開記念イベントに出席した壇蜜

壇蜜は、同作主演のロバート・デ・ニーロに扮した3人の騎馬にまたがり登場。ミニスカに婦人警官のコスプレで現れた壇蜜は、"取り締まり"にちなみ「経験談ですと局部にかんぴょうを巻いたことがあります。どことは言ってませんからね」と新年早々、"壇蜜節"のお仕置きエピソードを披露。「ベッドに手錠をぶら下げているんですけど、そこにつないでほうっておくこともあります」とこの日も過激な発言を連発した。

また、トークイベント後は報道陣の取材に応じ、「新しいバージョンを」と言いながらおもむろに上着を脱ぎ、胸を"WARNING"の規制線テープで巻いた2ポーズ目の衣装をお披露目。撮影会での過激な衣装は自腹で買い取ることもあるそうで、「自分でお金を払うとこだわりが出てくるのがいいんですよね」と語り、「隠すという本来の目的を全く忘れてしまったパンツもありました」と笑顔を見せた。

2013年の目標を「自分の在り方が、良くも悪くも見ていただいている状態ですので、そのまま見続けていただけること」と語る壇蜜。過激な衣装や発言が話題を呼び、昨年は数多くのイベントやグラビアに登場したが、「みんなが"壇蜜"を良いと思うのは私には疑問。批判も称賛もされるチャンスがあるような自分をこれからもやっていきたいです」と冷静な一面も。"壇蜜"という名が蜂蜜の一種やはなし家に間違われることもあるそうだが、「そろそろボディアーティストに勘違いされても面白いかもしれません」と話し、「体で表現できることをアイデアいただけたら、NGゼロの世界観を出させていただきたいと思っております」と意気込みを語った。

12日に公開を迎える同作はロバート・デ・ニーロが極悪刑事・サルコーネ警部を演じ、ヒップホップ回のスーパースターで俳優としても活躍中の50セントが新人警官のジョナスを演じた。ストリートギャングから足を洗い、ニューヨーク市警の警官となったジョナスだったが、亡き父の元相棒・サルコーネ警部に目をかけられ、彼が仕切るドラッグビジネスに加担してしまう。しかし、父の謎めいた死の真相を知ったジョナスは、サルコーネに反旗をひるがえし、たったひとりで巨悪と命懸けの戦いに挑んでいく。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事