2012年12月の携帯電話契約数 - ソフトバンクが5年連続で年間純増数トップに

 

電気通信事業者協会(TCA)は1月10日、2012年12月末日時点での携帯電話・PHSの契約数をとりまとめて発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数では、今月もソフトバンクが首位。年間純増数においても、ソフトバンクが5年連続でトップとなることが明らかとなった。

ソフトバンクは27万4,700増で、累計契約数は3,132万2,000契約となった。同社の月間純増数が20万件を超えるのは、これで18カ月連続。ソフトバンクは2012年1月から12月まで1年間を通じて純増数トップを維持し続け、2012年の年間純増数はトータルで348万6,700増となった。同社では今月10日から「5年連続年間純増数No.1プレゼントキャンペーン」を開始。これと連動する形で現在、ラッパーやDJ気分で音楽ゲームが楽しめるiPhone向けアプリケーション「ラップお父さん」をApp Storeにて提供している。

2位のKDDI(au)は23万9,200増で、累計契約数は3,681万7,200契約。2012年の年間純増数はトータルで251万9,700増となった。ちなみに2012年のMNP(携帯電話番号ポータビリティー)による転入数では、93万3,000件と他キャリアを圧倒したことが明らかとなった。3位のNTTドコモは23万5,100増で、累計契約数は6,098万8,100契約。先月は5年ぶりに純増数が純減となったNTTドコモだが、12月は20万件を超えるところまで回復した。2012年の年間純増数はトータルで136万3,700増だった。

携帯電話全体としては74万9,100契約増で、累計契約数は1億2,912万7,300契約となった。

グループ 純増数 累計
NTTドコモ 235,100 60,988,100
KDDI(au) 239,200 36,817,200
ソフトバンクモバイル 274,700 31,322,000
イー・アクセス - -
携帯電話総計 749,100 129,127,300

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの純増数には、プリペイド契約および通信モジュールサービスについての純増(減)が以下の通り含まれる。

グループ 純増数のうち
プリペイド契約 通信モジュール
NTTドコモ -9,400 139,400
KDDI(au) -2,800 18,600
ソフトバンクモバイル -3,100 82,300

PHSではウィルコムが41,500増で、PHS全体で累計494万3,300契約となった。

グループ 純増数 累計
ウィルコム 41,500 4,943,300
PHS総計 41,500 4,943,300

無線ブロードバンドサービス(BWA)のUQコミュニケーションズは7万7,600増で、累計392万9,100契約となった。

グループ 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 77,600 3,929,100

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー
[09:02 6/29] エンタメ
【連載】グローバル企業が押さえておきたいITインフラの勘所 第4回 データセンターをどう選ぶ?知っておきたい4つのカテゴリー(前編)
[09:00 6/29] 企業IT
【レポート】家電量販店は"男性社会"にあらず - ビックカメラ女性人事に聞く
[09:00 6/29] 経営・ビジネス
フット後藤、指原2連覇で"喜んでいた"を否定「すげぇなという驚きです!」
[08:13 6/29] エンタメ
横山裕、フット後藤のMC術に敬服「『日本一!』まで言うたろかなと」
[08:13 6/29] エンタメ