コニカミノルタ、電子カルテ機能を搭載の医療用画像オールインワンシステム

コニカミノルタエムジーは、SaaS型電子カルテ機能も搭載した医療用画像オールインワンシステム「Unitea α」を発売いした。価格は138万円(税別)。

「Unitea α」

医療用画像オールインワンシステム「Unitea」シリーズは、クリニック(診療所)向けのCRコンソール/ビューワ/ファイリング機能を一体化したシステム。今回発売した「Unitea α」は、このシリーズをさらに進化させ、DRコンソール機能とともにSaaS型電子カルテを搭載することで、診断用画像とカルテ情報の一元管理を容易にしたコニカミノルタとしては初の電子カルテシステム。日本医師会のプロジェクトであるレセプトソフト「ORCA」との連携も可能だという。

CR/DR画像だけでなく、超音波装置や内視鏡装置などの各種診断機器の画像をはじめデジタルカメラやスキャナからの画像も取り込むことができる。

また、コニカミノルタの医療ITサービス「infomity(インフォミティ)」を利用すれば、医療データのバックアップやアーカイブ、院外からの参照が可能となる。

そのほか、ワイヤレスタイプカセッテ型DR「AeroDR」のコンソール機能も追加された。「AeroDR」は、無線対応のワイヤレスタイプでケーブルなどが無く、CRカセッテ使用時と同様の撮影環境を提供。また、X線曝射後約2秒でコンソールモニターにプレビュー画像が表示される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事