「iMac」21.5インチ下位モデルでもFusion Driveが選択可能に

 

iMac 21.5インチモデル

アップルのApple Storeにおける「iMac」のカスタマイズオプションで、21.5インチの2.7GHzモデルでも1TB Fusion Driveを選択できるようになった。オプション価格は23,100円の追加になる。

Fusion Driveはハードディスクと128GBのフラッシュストレージを組み合わせたハイブリッドストレージだ。大容量でありながら、OSや頻繁に使用するアプリケーションが高速に動作する。昨年10月に発表されたiMacのカスタマイズオプションでは、これまで27インチモデルと21.5インチの上位モデル(2.9GHz)でFusion Driveを選択できた。今回の21.5インチ下位モデルへの拡大によって、すべてのiMacでFusion Driveを追加できるようになった。

Fusion Driveには1TBと3TBの2つのモデルがあり、iMacで3TB Fusion Driveを選べるのは27インチモデル(2.9GHz、3.2GHz)のみとなっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー