ソフトバンクの「お父さんユーティリティアプリ」が500万ダウンロード達成

  [2012/12/18]

ソフトバンクモバイルは12月18日、同社が提供するiPhone向けアプリケーション「お父さんユーティリティアプリ」シリーズが累計500万ダウンロードを達成したと発表した。

お父さんユーティリティアプリは、同社のマスコットキャラクター「白戸家のお父さん」をモチーフとしたアプリケーション。電卓、QRコード読み取り、カレンダーなどのユーティリティを無料で提供している。2012年3月より提供を開始し、現在19種類のアプリケーションを提供している。

同社では今回の500万ダウンロード達成を記念し、お父さんがデザインされた500円分のQUOカードを抽選で500名に提供するキャンペーンを実施している。期間は2013年1月17日午後2時59分まで。キャンペーンの詳細は同社Webサイトで確認可能だ



特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

社長の年齢、赤字企業は「70代以上」が最多 - 黒字企業は?
[09:00 2/11] マネー
【コラム】塩田紳二のアンドロイドなう 第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
[09:00 2/11] 携帯
2015年iPhone出荷シェアが2桁減、2016年はさらなる苦境に? - Androidは堅調
[08:30 2/11] 企業IT
楽天銀行、スマホ向けFX取引アプリに為替レートアラート機能導入
[08:30 2/11] マネー
米Twitter、10~12月期決算は売上48%増もユーザー数横ばい
[08:18 2/11] マーケティング

特別企画 PR