福岡工大、人工衛星のLED光によるモールス信号を地上で観測することに成功

福岡工業大学(福岡工大)は12月11日、同大が開発した小型人工衛星「FITSAT-1」の開発グループがLED光によるモールス信号で宇宙から地上にメッセージを送る実験を実施し、信号の発信とその観測として、「Hi this is Niwaka JAPAN」と夜空にメッセージを描いたことを観測したことを発表した。

同実験の観測活動には倉敷科学センターが協力しており、「FITSAT-1」がほぼ計算と同じ経路をLED光のモールス信号を発信しながら移動していく様子の、双眼鏡による観測とカメラによる撮影に成功したという。

なお、この双眼鏡による観測では緑色の点滅がはっきりと観測でき、モールス符号独特の不規則な「短点」「長点」の違いも確認できたとしている。

モールス発信点滅の様子(画像処理で白黒反転して強調したもの)。衛星は4回繰り返しモールスを発信しているため、「JAPAN」末尾のNと「HI」のHが隣接した形になっている(撮影:倉敷科学センター の三島和久学芸員)

モールス発信点滅の様子を記した画像中央付近をトリミングしたもの(撮影:倉敷科学センター の三島和久学芸員)

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事