武井咲&松坂桃李、相思相愛ぶりを披露! 「本当に擬似恋愛している感じ」

女優の武井咲、松坂桃李、木村文乃らが8日、東京・TOHOシネマズ六本木にて行われた映画『今日、恋をはじめます』の公開初日舞台あいさつに出席した。

映画『今日、恋をはじめます』の公開初日舞台あいさつに出席した武井咲(左)と松坂桃李

本作で三度目の共演となった武井咲と松坂桃李。これまではあまり話す機会もなかったが、今回は役柄が恋人同士ということもあり互いに積極的にコミュニケーションをとったという。武井は、「その中で本当に桃李くんの良いところがたくさん見えて…お互いの癖をマネしてみたりだとか(笑)」と撮影の日々を振り返りながら、松坂に「そういう現場での他愛もないことも私は楽しかったですし、その空気感が映画の中でも表現されていたので、(相手役が)桃李くんで良かったなと思いました」とメッセージ。また、「本当に現場に行くのが楽しみで、家に帰っても恋愛している時の気持ちのようなウキウキしている感じだったので、この現場が終わらなければいいなと思いました」と当時の心境を明かすと、「本当に擬似恋愛している感じでした」と感慨深げに語っていた。

一方の松坂も、「すごく僕自身が支えられているなと思ったんですよね」と、武井咲との擬似恋愛の日々を思い返す。松坂は、「いきなり会って恋人同士になるって結構難しいことだと思うんですけど、本当に今回は武井咲という女優が日比野つばきを演じてくれたからこそ、僕の椿京汰があるんだなと思っているのですごく感謝をしています」としみじみと語ると、「彼女がいなかったら、僕の京汰はありえなかった。本当にありがとうございます」と深々と頭を下げた。

左から高梨臨、新川優愛、木村文乃、武井咲、松坂桃李、青柳翔、山崎賢人、古澤健監督

この日は、武井と松坂のほか、共演の木村文乃、青柳翔、山崎賢人、新川優愛、高梨臨、古澤健監督も登壇。恋愛映画にちなみ、男女4対4の「恋愛ぶっちゃけトーク」が行われた。「男性に惹かれる瞬間」については、高梨が「運転している男性が好きです。ロケバスの運転手さんとかすごくカッコよく見えるんですよね」、新川が「ギャップです。普段コンタクトの人がメガネになった時とか」、木村が「男性らしいレディーファーストにドキッとします」と回答。武井は「思いっきり笑った時の顔。クシャクシャの顔好きですね」と答えながら、「桃李くんも結構クシャクシャの顔になるよね?」と話を振ると、松坂は照れながら「そうですか? そういう風に思われてたんですね」と武井の顔を見つめる。それに対して武井も「見てますよ!」と言いながら笑顔を見せた。

同作は、累計900万部を突破した水波風南の同名漫画の映像化作品。武井が演じた日比野つばきは、真面目で勉強だけが取りえの超地味系"昭和少女"。そんなつばきが高校入学式の当日、学校一のイケメン・椿京汰(松坂桃季)の隣の席になると、突然彼からファーストキスを奪われてしまう。京汰の「彼女にする」という交際宣言に、つばきは猛反発するも、つばきは彼の隠された一面を見たことがきっかけで、徐々に惹かれはじめる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事