PSY「江南スタイル」がYouTube再生回数10億を射程に、収益は約6億7,000万円

 

全英アルバムチャート(UK Albums Chart)を集計しているオフィシャル・チャート・カンパニーが発表した、現時点での今年度の英シングル売り上げベスト10で9位に食い込んでいるPSY (C)BANG Media International

韓国の歌手でありラッパーのPSY(サイ)が、国際的なヒットを飛ばしている楽曲「江南スタイル」のみで810万ドル(約6億7,000万円)を稼ぎ出したことがわかった。

「江南スタイル」のPVは、YouTubeで再生回数がまだ伸び続けているようで、近いうち10億回に達する見込み。YouTube上での広告収益は87万ドル(約7200万円)に上ると見られており、本家の「江南スタイル」はもちろん、数多くのパロディ・ビデオが作られたことからも収益の一部を得ている。

さらに「江南スタイル」は韓国企業、教保証券のコマーシャルにも起用され、今年だけでも460万ドル(約3億8,000万円)の収入を記録。しかし、アメリカと韓国では、ダウンロードで300万ドル(約2億5,000万円)以上の収益があるのに対して、CDの売り上げは5万ドル(約410万円)に留まっている。

ジャスティン・ビーバーの「ベイビー」を抑え、今年初めに突如YouTube上で人気が爆発した「江南スタイル」だが、PSYは先月フランクフルトで開催されたMTVヨーロピアン・ミュージック・アワード(EMAs)2012でも最優秀ビデオ賞を獲得している。

同曲の歌詞には英語は3語しか含まれていないにも関わらず、独特のダンスを披露しているPVのおかげでイギリスにおいても本年度最も売れたシングル・ランキングで9位に食い込んでいる。一躍人気となったこのダンスは、マドンナなど多くのスターたちをも虜にし、世界中に広がっていった。

(C)BANG Media International

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事