ドコモ、「災害用音声お届けサービス」「災害用伝言板」の提供開始

 

NTTドコモは7日、17時18分頃三陸沖において震度5弱の地震が発生したことを受け、18時10分に「災害用音声お届けサービス」と「災害用伝言板」の提供を開始した。

災害用音声お届けサービスは、大きな災害が発生し、音声発信がつながりにくくなった場合に、音声通信に代わり、パケット通信により音声メッセージを届ける災害時専用のサービス。音声メッセージが登録されると、メッセージの送信対象者にSMSで通知される。

また、災害用伝言板は、大きな災害が発生した場合に、携帯電話やスマートフォンで安否確認ができるサービス。被災地域の居住者や滞在者が自身の状況を携帯電話やスマートフォンで登録し、登録された安否情報がインターネット等を通じて全世界から確認できる。あらかじめ指定した家族や友人に対し、災害用伝言板に登録したことをメールで通知したり(登録お知らせメール)、被災地の方に災害用伝言板への安否情報の登録を依頼(登録お願いメール)することも可能。

両サービスともに震度6弱以上の地震等がサービス提供の条件になっているが、今回の地震により、同社はサービスの提供を開始した。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

鉄道トリビア 第368回 対岸に渡りそうで渡らず、元の岸に戻ってしまう鉄橋がある
[08:00 8/27] ホビー
福士加代子「強がって表に出せなかった」リオを終えた胸の内を告白
[07:00 8/27] エンタメ
アニメ『夏目友人帳 伍』OP&EDを歌うアーティストが明らかに
[07:00 8/27] エンタメ
外国人が好きな"日本の夏の風物詩" - 「アリゾナ州では違法でした」
[07:00 8/27] ライフスタイル
かわいがりたい! と思われる後輩社員の特徴
[07:00 8/27] シゴト