アップルのデスクトップモデル数量シェアが15%越え - GfKジャパン

 

GfKマーケティングサービスジャパンが行った全国の有力家電量販店販売実績集計によれば、11月26日から12月2日の1週計で、家電量販店におけるアップルのデスクトップモデル数量シェアが15%を超えたことが明らかとなった。

第8世代iMac

アップルからは、11月30日より第8世代となるiMacの21.5インチモデル(2.7GHz、2.9GHz)の販売が開始されているが、今回の集計では、デスクトップモデル数量シェアが15.4%を占める結果となっている。また、ノート部門でも10月に発売されたMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチを中心に売上げは堅調なようで、デスクトップ・ノート合計での数量シェアは10%超え(10.7%)となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

NEDO、IoTデバイス開発のためのオープンイノベーション拠点を産総研に構築
[15:44 9/30] テクノロジー
脱臭・脱煙で燻製を作れるコンベクション式スモークトースター - 小泉成器
[15:43 9/30] スマホとデジタル家電
【特別企画】疲れた体を癒すには「食生活」の変化から! 今日から始めるフルーツLife
[15:29 9/30] 趣味
黒島結菜、リクルートスーツでドラえもんとコラボ! マイナビ広告キャラに
[15:27 9/30] エンタメ
[テラスハウス アロハ ステート]ハワイ版新メンバー6人発表 YOU&トリンドルを射止めたメンバーとは?
[15:23 9/30] エンタメ