アップルのデスクトップモデル数量シェアが15%越え - GfKジャパン

 

GfKマーケティングサービスジャパンが行った全国の有力家電量販店販売実績集計によれば、11月26日から12月2日の1週計で、家電量販店におけるアップルのデスクトップモデル数量シェアが15%を超えたことが明らかとなった。

第8世代iMac

アップルからは、11月30日より第8世代となるiMacの21.5インチモデル(2.7GHz、2.9GHz)の販売が開始されているが、今回の集計では、デスクトップモデル数量シェアが15.4%を占める結果となっている。また、ノート部門でも10月に発売されたMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチを中心に売上げは堅調なようで、デスクトップ・ノート合計での数量シェアは10%超え(10.7%)となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電
浜崎あゆみプロデュースのカラーコンタクトレンズ発売
[11:06 8/25] ヘルスケア