鳥取県でイルミネーションイベント「鳥取砂丘イリュージョン10」開幕

10年目をむかえる「鳥取砂丘イリュージョン」

鳥取砂丘イリュージョンの開催・運営を行っている「新生鳥取砂丘イリュージョン実行委員会」は、12月12日から12月24日、鳥取県・鳥取市の後援により「鳥取砂丘イリュージョン10」を、鳥取砂丘市営 駐車場周辺(鳥取市福部町湯山)で開催する。点灯時間は17時30分から22時(最終日は21時消灯)。

10年目を迎える今年の「鳥取砂丘イリュージョン」は、"光の序章"を開催テーマとし、約24万球のイルミネーションで冬の鳥取砂丘を彩るという。

シンボルとして、赤・青・緑を中心としたLED電飾が施されている高さ13mの「トラスタワー」を設置。また、メインイルミネーションには、光の色が時間とともに変わる電飾を使用して、日本海の青い海、白い波を再現した"流れるイルミネーション"を採用している。

また、ラクダ、象、ウサギ、鹿などの動物13体をイルミネーションで表現した「光る動物園」などの演出もするとのこと。

さらに、国立公園 特別保護地区内の「馬の背」(通称)に光と映像を映し出す、ライティング アートイベント鳥取大砂丘「馬の背ライティング」や、ライトアップされた鳥取砂丘を舞台に、パフォーマーたちがパフォーマンスを行う「動く砂像のアートパフォーマンス」などのイベントも開催される。

なお、「鳥取砂丘 砂の美術館」では、クリスマス特別企画として、「音楽と光のファンタジー」を同時期に開催。そのほか、会場には地元の食材などを使ったさまざまな屋台も出店する。

オープニング点灯式は、12月12日の17時から。同日の16時55分と、17時31分から18時までは、鳥取県警察音楽隊の演奏も行われるとのこと。

詳細は、同イベント公式サイトで確認できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事