「デビルマン」と「マジンガーZ」のコンセプトメガネが発売

 

「兜甲児」装着イメージ

「兜甲児」モデル

眼鏡ブランド「クーレンズ」の製造・販売を手掛けるエヌ・ティ・コーポレーションは、永井豪氏の漫画・アニメ「デビルマン」および、「マジンガーZ」のコンセプトメガネを、2013年1月下旬より、全国17カ所にある「クーレンズ」取扱店舗にて販売する。それに先駆け12月3日から、先行予約受け付けを開始した。

同商品は、「メガネでどこまで『デビルマン』『マジンガーZ』を表現できるか?」をテーマしている。

両作品の生誕40周年を記念して行われている企画「DZ40」で作品が発表され、「クーレンズ」誕生11周年を記念したコラボレーション企画の第2弾としてコンセプトメガネが今回商品化された。

「マジンガーZ」の主人公、「兜甲児(かぶとこうじ)」がデザインコンセプトのメガネは、主人公の特徴である"もみあげ"をデザインとして取り入れている。表紙など、顔が強調されるシーンは左向きの絵がほとんどであるため、左側のもみあげを再現しているという。

「不動明」装着イメージ

「不動明」モデル

また、「デビルマン」の主人公、「不動明(ふどうあきら)」がコンセプトのメガネは、テンプル箇所(メガネ側面)を翼のイメージでデザインし、フロントリム(レンズのふち)でデビルマンの目元ラインを表現したとのこと。

アンダーラインを強調する「逆ナイロール」というフレームを使用することにより、強い存在感を際立たせ、曲線を多用し、"強さ"と"愛する優しさ"を兼ね備えた雰囲気を表現しているという。

価格は、メガネフレーム、オリジナルメガネケース、メガネ拭きセットで、「兜甲児モデル」が18,000円、「不動明モデル」が24,000円。度付きレンズは別売り2,625円からとのこと。

なお、「DZ40」は「デビルマン」と「マジンガーZ」をモチーフに、クリエーターたちが、独自のアレンジを加えた作品を発表する企画。同社からは、「クーレンズ」のチーフデザイナーを務める、デザイナー太田知秀氏が参加している。

(c)永井豪/ダイナミック企画 クーレンズ 太田知秀

人気記事

一覧

2016年9月27日の運勢

イチオシ記事

新着記事

レノボ、"Tango"搭載6.4型ファブレット「Phab2 Pro」 - 税別49,800円
[12:37 9/27] パソコン
京大、生物を模倣した触媒反応で機能性炭素ナノリボンを合成
[12:34 9/27] テクノロジー
『デスノートLNW』現場に潜入! 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、唯一の対峙シーンで銃撃音
[12:30 9/27] エンタメ
TOKIO国分太一、福山雅治ライブでの事故「人ごととは思えない」
[12:28 9/27] エンタメ
Microsoftとルノー・日産アライアンスが次世代コネクテッドカー技術で提携
[12:25 9/27] 企業IT