Android OSシェアでJelly Beanが拡大、最大勢力は依然Gingerbread

 

Googleの最新のGoogle Play Storeアクセス報告によれば、"Jelly Bean"ことAndroid 4.1/4.2のシェアが6.7%に達したという。まだごく一部のハイエンド端末や最新端末にしか提供されていないJelly Beanだが、昨今のNexus 7等の安価な端末が一気に普及したことで一定の勢力を確保しつつあるとみられる。

これはGoogle Play Storeへの過去14日間のアクセス履歴を基にバージョンごとにシェアを集計したもの。実際のアクティブユーザーの活動状況とそのプラットフォーム分布を把握するうえで重要となる。最大勢力は依然として5割超を誇るGingerbreadだが、それにIce Cream Sandwichの27.5%、Froyoの10.3%、Jelly Beanの6.7%と続く。12月3日次点の集計結果は下記の通り。

バージョン コード名 API Level シェア
1.5 Cupcake 3 0.1%
1.6 Donut 4 0.3%
2.1 Eclair 7 2.7%
2.2 Froyo 8 10.3%
2.3 - 2.3.2 Gingerbread 9 0.2%
2.3.3 - 2.3.7 10 50.6%
3.1 Honeycomb 12 0.4%
3.2 13 1.2%
4.0.3 - 4.0.4 Ice Cream Sandwich 15 27.5%
4.1 Jelly Bean 16 5.9%
4.2 17 0.8%

12月3日時点のAndroid OSシェア(出典: Google)

また緩やかにAndroid 2.x系プラットフォームから4.x系プラットフォームへの移行が進んでおり、あと1~2ヶ月中にはFroyoとJelly Beanのシェアが逆転するとみられる。

過去半年のAndroid OSシェアの推移(出典: Google)

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント