AKB48佐藤すみれ、名誉館長に就任し「"名誉"と"館長"どちらも初めて」

AKB48の佐藤すみれが24日、埼玉・SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザで行われた企画展「メディア / アイドルミュージアム」名誉館長兼映像ミュージアム期間限定館長就任式に出席した。

企画展「メディア / アイドルミュージアム」名誉館長兼映像ミュージアム期間限定館長に就任したAKB48の佐藤すみれ

映像ミュージアム企画展「メディア / アイドルミュージアム」は、埼玉県が主催するイベントで、2013年4月7日まで開催される。アイドル文化の進化の歴史を、アイドルを扱った映像コンテンツの変遷の中にたどることで、映像表現やメディアの進化について読み解くことができる。また、SNSや動画配信といったアイドルとファンの間で生まれてきている新しいコミュニケーションの形についても、体験型展示や資料映像を通して解説する。

埼玉県が主催するイベントということで、このイベントをさらに盛り上げる役として埼玉県出身の佐藤すみれが選ばれた。佐藤は「私は生まれも育ちも埼玉県です。今回は名誉館長ということで、"名誉"と"館長"どちらも初めてなんです(笑)」とあいさつをすると、「たくさんの方にここに遊びに来ていただいて、アイドルの歴史をいろいろ勉強していただければなと思います」と企画展をアピールした。その後行われた就任式で委嘱状と襷を受け取った佐藤。名誉館長としての実感が湧いたのか、笑顔を見せながら「自分が踊って体験できるコーナーや、ヘッドホンをして映像を見たりだとか自分が体験できるコーナーがあります」と館内を説明すると、「お友達を連れて、家族を連れて来ていただきたいなと思います」と勧めた。

また、この日は就任式に続いて、本企画展アドバイザーでアイドル専門ライターの岡島紳士が司会を務めるトークショー「AKB48白熱論争 延長戦」が行われた。ゲストには小林よしのり、中森明夫、宇野常寛、濱野智史といったAKB48を愛してやまない論客のほか、冒頭には佐藤も参加。佐藤は、この日が初対面となった小林から「写真で見ていた時はもっと丸くて背の低い女の子だと思ってたんですけど、今日の生すみれちゃんを見てこんなにかわいくてすてきな子なんだと、釣られてしまいました」と大絶賛され、笑顔を見せていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事