日立、3Dデータ/図面をiPadでセキュアに閲覧可能なソリューション

 

日立ソリューションズは、iPadやインターネット上で軽量3Dデータの活用を実現する「iXVL ファイルマネージャ ソリューション」の販売を2013年2月25日から開始すると発表した。

このソリューションは、日立ソリューションズのドキュメントワークソリューション「ラビニティ One」や3Dデータの利用者を制限するセキュリティサービス「活文 デジ活ガード」、3Dデータの不正な参照や編集を防止するセキュリティ製品「活文 XVL Signer」、およびラティス・テクノロジーのXVL製品群を組み合わせて提供する。これにより、3Dデータ/図面などの重要な設計データを安全に管理や配信をすることができるようになるという。

システム図

ラティス・テクノロジーは3Dデータを軽量化したXVLデータをiPadで参照可能にする「iXVL Player」を2012年1月に提供を開始。

「XVL」(eXtensible Virtual world description Language)は、XML(eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式。XVLを用いることで、3D CADなどで生成されたデータを数百分の1にまで軽量化することができるという。

これにより、場所を問わずに3Dデータを閲覧でき、作業の効率化や情報共有が可能となる一方で、ファイルを保管するセキュアな環境の確保やデータの活用範囲の拡大に伴う情報漏洩リスクの拡大防止が課題となっていた。

そこで、日立ソリューションズとラティス・テクノロジーは、両社の商品を組み合わせ、iPadやインターネット上でXVLデータをセキュアに活用できる「iXVL ファイルマネージャ ソリューション」を提供する。

具体的には、iPadからのアクセスに対応し、ファイルのセキュリティを確保するドキュメントワークソリューション「ラビニティ One」をiXVL対応に機能拡充する。

また、日立ソリューションズの「活文 デジ活ガード」や「活文 XVL Signer」と組み合わせて、iPad用のXVLデータの暗号化や、配布済みのデータの失効を実現する機能を新たに提供する。

「iXVL ファイルマネージャ ソリューション」は、XVLデータや図面などの設計情報をiPad上で閲覧可能で、「ラビニティ One」に文書を保管することで、部門ごとや社外秘など、機密レベルに応じてアクセス権限を管理することができる。また、閲覧日時や利用者、編集者を記録することで、管理者はデータが適切に利用されているかを確認することができる。価格は個別見積もり。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鉄道トリビア 第368回 対岸に渡りそうで渡らず、元の岸に戻ってしまう鉄橋がある
[08:00 8/27] ホビー
福士加代子「強がって表に出せなかった」リオを終えた胸の内を告白
[07:00 8/27] エンタメ
アニメ『夏目友人帳 伍』OP&EDを歌うアーティストが明らかに
[07:00 8/27] エンタメ
外国人が好きな"日本の夏の風物詩" - 「アリゾナ州では違法でした」
[07:00 8/27] ライフスタイル
かわいがりたい! と思われる後輩社員の特徴
[07:00 8/27] シゴト

求人情報