3G対応・SIMロックフリーモデル「Nexus 7」、米国で299ドルで発売開始

 

Nexus 7

米GoogleのAndroidタブレット「Nexus 7」の携帯ネットワーク対応版である「Nexus 7 (Wi-Fi and 3G)」の提供が米国で開始された。価格は299ドルで、基本スペックは従来のNexus 7とほぼ同等。アンロック版GSM/UMTS/HSPA+の通信機能がついて本体重量が7グラムほど増加しているほか、内蔵ストレージが32GB固定になっている。アンロック版ながら出荷の際にはAT&TのSIMカードが付属してくる。

現在Googleのサポートページで各国のNexusデバイスの利用可能状況を確認すると、「Nexus 7 3G」が追加されており、米国でのみ利用可能になっていることがわかる。Wi-Fi and 3G版のスペック表も用意されており、基本スペックはNexus 7とほぼ同等で、3G機能が追加されていること、そしてストレージ容量が32GBのみであることが確認できる。SlashGearによれば、同デバイスはアンロック版ながら米国ではAT&TのSIMが付属するとのことで、米国内ではAT&Tのネットワークを利用することが前提になっているとみられる(T-MobileではEDGE接続になるとみられる)。ただしアンロック版のため、各国に持ち出してSIMを差し替えることで、現地の安価な料金プランを利用できそうだ。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー