壇蜜「ノーパンで来たかいがありました」- 岡本夏生もポロリ発言で対抗

ニュース
トップ

壇蜜「ノーパンで来たかいがありました」- 岡本夏生もポロリ発言で対抗

  [2012/11/12]

女優・グラビアタレントの壇蜜が10日、東京・銀座シネパレスにて行われた映画『私の奴隷になりなさい』の公開記念イベントに出席し、漫画家・小説家の内田春菊とのトークセッションを行った。

映画『私の奴隷になりなさい』の公開記念イベントに出席した壇蜜

この日の壇蜜も「男性にはタネを頂いて…」といつものように過激な発言を連発。男性客はもちろん女性客も、内田春菊との白熱したトークショーに聞き入っていた。壇は「今回、女性の方(内田春菊)に映画を語っていただくことを経験して、自分自身の生き方についてこれで合っていたのではないかと裏付けられてうれしいです」と語り、「今日はノーパンで来たかいがありました」と最後まで過激な一言で締めくくった。

また、プライベートで来場していた岡本夏生が、急きょトークショーに参加(プライベートでスッピンのため写真掲載はNG)。スッピンにサンダル、ジャージ姿の岡本は「スッピンなのでお断りしたかったんですけど…」と言いつつも弾丸トークを開始した。岡本は「今度"パート2"があるなら、杉本彩さんの位置を狙って食い込みたいと思います」と同作で特別出演を果たしたエロスの伝道師"杉本彩"の名をあげ、「おっぱいポロリくらいは相当確率は高いです」と意欲を見せた。

現在公開中の同作は、累計35万部を突破したサタミシュウの新官能小説シリーズで、あまりのハードな描写から映像化不可能と言われてきた作品。葬儀関係の仕事を経て29歳でグラビアデビューを果たした壇蜜は本作が演技初挑戦になり、惜しげもなくフルヌードを披露するなど体当たり演技で挑んだ。

関連したタグ

    写真で見るニュース

    関連記事

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      本音ランキング

      特別企画

      一覧