アメリカ、中国、韓国で多い名字は? - 「名字由来net」アプリに新機能

 

各国の名字ベスト100と人口を掲載(画面イメージ)

日本人の名字の98%以上を網羅する名字検索アプリ「名字由来net」は8日、「世界の名字ランキング(アメリカ・中国・韓国)」を機能追加したと発表した。Android版は9日にリリース、iPhone版は20日にリリース予定。

なお多い名字の上位は、アメリカが1位Smith(スミス)、2位Johnson(ジョンソン)、3位Williams(ウィリアムズ)、4位Brown(ブラウン)、5位Jones(ジョーンズ)、中国が1位王(オウ)、2位李(リ)、3位張(チョウ)、4位劉(リュウ)、5位陳(チン)、韓国が1位金(キム)、2位、李(イ)、3位朴(パク)、4位崔(チェ)、5位鄭(チョン)となっている(名字由来netより引用)。

また今回の追加リリースでは、「10月の季節にまつわる名字」など、人気の「珍しい名字」機能も強化したという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー
米Appleに最大130億ユーロの追徴課税、EUがアイルランドに指示
[08:14 8/31] 企業IT