米アップル、地図アプリが問題となったiOS開発責任者の退社を含む組織変更へ

 

米Appleは10月29日(現地時間)、iOS開発を率いてきたScott Forstall氏(iOSソフトウエア担当上級副社長)の退社を含む大幅な組織・経営体制の変更を発表した。iOSでは、iPhone 5に搭載された最新のiOS「iOS 6」において、地図アプリ「マップ」のトラブルが大きな問題となっていた

組織・経営体制の変更では、ハードウエアチーム、ソフトウエアチーム、サービスチームの連携を高めるために、Jonathan Ive氏(デザイン担当上級副社長)、Bob Mansfield氏(テクノロジーズ担当上級副社長)、Eddy Cue氏(インターネットソフトウエア&サービス担当上級副社長)、Craig Federighi氏(ソフトウエアエンジニアリング担当上級副社長)の役割と権限を強める。

前述の、iOS開発を率いてきたScott Forstall氏(iOSソフトウエア担当上級副社長)のほか、小売り戦略の責任者だったJohn Browett氏(リテール担当上級副社長)がAppleを去ることも発表されている。なおForstall氏は、来年に退社するまでCEOのTim Cook氏のアドバイザーを務めるという。

退社するForstall氏は、NeXT出身で、Mac OS Xのアーキテクトの1人に数えられ、iOSをAppleの最も重要なチームの1つに成長させた人物だ。同氏を「将来のCEO有力候補」に挙げる声も多かった。しかし、今年に入ってユーザーインタフェースに関して他のエグゼクティブとの意見の相違が報じられたこともあり、さらにiOS 6で地図アプリ「マップ」のトラブルに見舞われた。Wall Street Journal紙は「(組織改革に詳しい)複数の関係者によると、社内で他のエグゼクティブと衝突しており、退社は"彼(Forstall氏)が決めたことではない"」と報じている。

Browett氏は2007年からDixonsのCEOを務め、今年2月にリテール担当上級副社長に就任した。AppleがCook体制になってから加わったエグゼクティブである。しかし、この夏に同氏が行ったApple Storeの改革から一部の店舗でスタッフ不足が起こるなど混乱が生じた。リテール部門の新しい責任者は未定で、後任が決まるまでリテールチームが直接Cook氏に報告を上げる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン