楽天、koboイーブックストアのコンテンツ数表示に対して消費者庁から指導

 

楽天は26日、電子書籍のコンテンツ数の表示について、景品表示法上不適切な部分があったとして、消費者庁から行政指導を受けていたことを発表した。

kobo Touch

楽天の子会社であるKoboが電子書籍ストア「koboイーブックストア」を開設した7月の時点で、電子ブックリーダー「kobo Touch」のパンフレットなどに、日本語コンテンツ数を「約3万冊」と表記していたが、実際は「19,164冊」であったという。

楽天は、行政指導に対して「指導を真摯に受け止めるとともに、ご迷惑をお掛けしましたお客様、関係者の皆様に対しまして、お詫び申し上げます」としている。

楽天によると現在の「koboイーブックストア」のコンテンツ数は約65,000冊(うちWikipediaのコンテンツが約500点)。2012年12月末までに200,000冊の達成を目標としている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー
Windows 10ミニTips 第111回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - LastPass編
[00:00 8/26] パソコン
渡辺カナ、男女3人の揺れる関係描く「ハンキー・ドリー」2巻でファイル贈呈
[23:54 8/25] ホビー
ナツメカズキが男娼と黒服描くBL「MODS」本日発売、特典も豊富
[23:28 8/25] ホビー
ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ