楽天、koboイーブックストアのコンテンツ数表示に対して消費者庁から指導

 

楽天は26日、電子書籍のコンテンツ数の表示について、景品表示法上不適切な部分があったとして、消費者庁から行政指導を受けていたことを発表した。

kobo Touch

楽天の子会社であるKoboが電子書籍ストア「koboイーブックストア」を開設した7月の時点で、電子ブックリーダー「kobo Touch」のパンフレットなどに、日本語コンテンツ数を「約3万冊」と表記していたが、実際は「19,164冊」であったという。

楽天は、行政指導に対して「指導を真摯に受け止めるとともに、ご迷惑をお掛けしましたお客様、関係者の皆様に対しまして、お詫び申し上げます」としている。

楽天によると現在の「koboイーブックストア」のコンテンツ数は約65,000冊(うちWikipediaのコンテンツが約500点)。2012年12月末までに200,000冊の達成を目標としている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電